発達障害の人が働くためのQ&A

  • 35人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 弘文堂 (2013年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335651540

発達障害の人が働くためのQ&Aの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書かれている内容が簡単すぎます。
    本当に何も知らない発達障害者向けです。
    そして発達障害の人は簡単なお仕事をしてましょうねと勧められていると感じました。それに同意できる人向けです。
    当事者以外が読んで、発達障害者はこの程度かと思われると嫌ですね。

  • 数値化する仕事

  • 一問一答形式で書かれている。

    私は、内容理解より先に気持ち・気分・感情で読んでいる段階がある。そのときは「あれもできない、これもできない、という風に書かれている。そのためか、読んでいて、脅されている気分がする」という感想。
    当事者が読むときは、合っている部分と合っていない部分を意識して分けることができるとこのように感じることはないと思う。「それはさすがに分かる・・・」と思ったり、「まさにこれだ」と思う部分があると思う。
    ただ、「分かる」と「困っている」の区別ができると「自分はできるが、できない人もいる」というときと、「自分は出来ないが、出来る人もいる」ときの見方と比べると、「普通にできる」がほとんどに当てはまる人たちへの説明の難しさを感じる。

    必要情報を抜き出しに作業ノートを作っての感想:
    複数のページにまたがって同じトピックを扱っていることがあり、素のままでは頭に入りづらかった。そのため、それぞれをまとめなおしながら読んだ。例:自己理解にかかわる記述。本人、保護者の少なくとも二つの項にまたがっている。

    再構成すれば、なんとなくではあるが、職場がどういうものなのか、必要な考え方のパターン、要素等がそろうと思う。就職活動あと、本格的な業務始動前?に当たる本のような感触。

  • 大学生を中心に、就職活動を始める前からの当事者たのためのQ&A。
    保護者、企業、経験者への質問もあり、働いた結果がどうなったかも分かる。
    「え、そこから分からないの?」という質問もあり、本人は真面目に聞いているのだが「採用基準を教えて欲しい」というのは驚いた。

    特にない発達障害の人が困りやすい曖昧な言葉や裏の意味がある言葉の意味が解説してある。「適当でいいから」「急がないから」など。

  • 専門的。わかりやすい。わかっちゃいるけど、具体的なばめんは、難しいな。実践積むのみ!

  • 内容は実際的で役に立つことが、整理されて書いてある。必要な情報がQ&Aの形で、要点を押さえて書いてあるので、必要な部分だけを読めば事足りる。お勧め。だが、レイアウトが実に読みにくい。幾ら内容が良くてもこれでは、手にとって貰えないのではないかと心配。
     

全6件中 1 - 6件を表示

石井京子の作品

発達障害の人が働くためのQ&Aを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発達障害の人が働くためのQ&Aを本棚に「積読」で登録しているひと

発達障害の人が働くためのQ&Aの作品紹介

当事者が働くときに疑問に思うことだけでなく、保護者が聞きたいこと、雇用する企業が困っていることなどもフォロー。さまざまな角度からの質問で、「働く」ことをリアルに解説。

発達障害の人が働くためのQ&Aはこんな本です

ツイートする