あまのじゃくと精神療法: 「甘え」理論と関係の病理

  • 17人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小林隆児
  • 弘文堂 (2015年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335651670

あまのじゃくと精神療法: 「甘え」理論と関係の病理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと物足りない。

全1件中 1 - 1件を表示

小林隆児の作品

あまのじゃくと精神療法: 「甘え」理論と関係の病理の作品紹介

甘えられない子どもが心を病んでいく! 児童精神科医として多くの母子を治療してきた著者が、歪んだ「甘え」を子どもの「あまのじゃく」な言動から読み取ることが心の病の積極的な治療につながると訴え、症例をもとにその機序を考察する。精神科治療を問い直す研究書であると同時に、精神医学を哲学と架橋するためのすぐれた文化論でもある。

ツイートする