世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 国書刊行会 (1986年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784336025500

世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4/12 読了。
    M.H.ニコルソン「月世界への旅」。科学が幻想を制覇してしまう前の月世界旅行譚の歴史。
    ルキアノスの時代から人びとは、空を飛び月へ行くこと、そこで人類の似姿と語り合うことを夢みてきた。ジョン・ウィルキンズによれば、月へ行く方法は四つ。「一.精霊または天使による。ニ.鳥の力を借りる。三.体に結わえつけた翼による。四.空飛ぶ車による」。本書もこの四つの分類を下敷きにして、飛行の夢文学史を追っていく。
    一.精霊による飛行。架空宇宙旅行記の祖、ケプラーの「夢(ソムニウム)」は、<賢い女>(魔女)と契約した使い魔に運ばれて月へ行く、超自然的手段によるものだった。この系譜にはキルヒャーの「忘我の旅」などが連なり、スウェーデンボリによって近代オカルティズムの頂点に達するとともに衰退した。
    二.鳥の助けを借りた飛行。鳥を手懐けて空を飛ぶという文学上の試みはペルシアを起源とし、アレクサンダー大王に仮託されてヨーロッパに広まった。やがて巨鳥や有翼馬の伝説となり、ニムロデ、ガニュメデ、ペガサスなどの物語を生んだ。その後、より具体的に鳥を訓練し、月に渡る動力とする先駆的な作品が出てきた。それがゴドウィン司教の「月の男」であるが、そこでは渡り鳥の行き先は月であるという<科学的根拠>によって渡り鳥を手懐けた男が月へ行き、巨人族と出逢う。「ロビンソン・クルーソー」や「ガリヴァー旅行記」に影響を与えた。
    三.人工翼による飛行。レオナルド・ダ・ヴィンチが鳥の機械的原理を模倣することによって人間も飛行できるという可能性を示したが、彼は実行しなかった。その後、シラノ・ド・ベルジュラック「日月両世界旅行」が結露の蒸発による飛行、更にロケットの原型となる火薬燃料を使った飛行法を発想し、いよいよ人間が空を飛ぶという夢物語が現実に近づいてくる。
    四.空飛ぶ車による飛行。フランチェスコ・ラーナは真空の球を取り付けた飛行船を考案し、ジョナサン・スウィフトは磁力によって浮かぶ島ラピュタを「ガリヴァー旅行記」に登場させた。遂に1783年、モンゴルフィエの気球が飛行に成功すると、その後は科学が空想の世界を征略し、人類はまもなく月に降り立つという夢を叶えたのだった。
    しかし、人類は広大な宇宙を見上げる望遠鏡と、極小の世界を覗く顕微鏡によって、相対的な世界の中間地点に宙吊りになってしまった。大きいと同時に小さくもある、正しいと同時に間違ってもいる人間の世界の戯画が月という夢であるならば、キャロルの「不思議の国のアリス」こそ、最大にして最後の月世界旅行譚なのだ。

    関連本:荒俣宏「別世界通信」、松岡正剛「ルナティックス 月を遊学する」

全1件中 1 - 1件を表示

紀田順一郎の作品

世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅を本棚に「積読」で登録しているひと

世界幻想文学大系 第44巻 月世界への旅はこんな本です

ツイートする