島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 島尾敏雄
制作 : 種村 季弘 
  • 国書刊行会 (1993年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336032348

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他人も自分の見ている夢と同じような夢を見るのだなぁ....と思わせるような異次元物語のよう。

  • ときどき見る、「つじつまの合わない嫌な夢」の要素がてんこもりの幻想短編集。目的地に着けない、仲間外れにされる、出まかせを言ってやり過ごそうとしてできない、怪我をするけどなぜかすぐに手当てしない、何かから逃げるけれど逃げ切れるのかわからない、などなど。焦り、不安、恐怖、羞恥、読んでいてひたすら辛かった。

    このうまく立ちまわれていない感じ、世界と自分がしっくりこない感じから穂村弘の『世界音痴』を思い出したのだけれど、同じ要素を持ったこの二冊のなんと違うこと。『世界音痴』は「あるある~」と笑って共感できて、自分の中の主人公と重なる部分をもっと可愛がりたいような気持ちにさえなった。それに比べて、『孤島夢』の各話の主人公がじりじりと生成する「俺はダメだ」感は、ほかにはない強烈なもので、とても落ち着いて読んでいられなかった。

    これだけ「なにか間違えちゃった感じ」を延々追求した島尾敏夫だから、『死の棘』が成功したのかなと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

島尾敏雄の作品

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)を本棚に「積読」で登録しているひと

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)はこんな本です

島尾敏雄 孤島夢 (日本幻想文学集成)の単行本

ツイートする