第二の銃声 世界探偵小説全集 2

  • 57人登録
  • 3.77評価
    • (6)
    • (12)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : Anthony Berkeley  西崎 憲 
  • 国書刊行会 (1994年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336036728

第二の銃声 世界探偵小説全集 2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロジャー・シェリンガム・シリーズ。
    バークリー作品を読むのは五作目。
    五作目ともなると、身構えてしまって、純粋な気持ちで物語を楽しめなかったのは残念。
    ロジャーの大ファンからすると、ロジャーが登場しない前半も物足りない。

    それでも二転三転…四転五転六転くらい様相を変える物語は魅力に溢れる。
    「探偵小説はもっと洗練されなくてはならないのだ」と書かれる序文も熱い。
    永く読み継がれるべき名作というのは間違いないはず。

  • 1930年に書かれて、恐らく1994年の翻訳。とてもそんな昔に書かれたとは思わない。。と思ったものの、翻訳が最近という事で現代風に訳したのかも。てか今の日本人が読むなら今どきに訳してくれた方がありがたいよなぁ。そうすると情緒が薄れるとかあるんかな。
    まぁそれはさておき登場人物の印象が目まぐるしく変わりまくって、そりゃ作者の意図なんだろうけど、これが最後の最後まで惹きつけられる理由かも。
    というかここに描かれるイングランドの昔って今よりずっと結婚とかに対してオープンというか、ちゃちゃっとやるというか。それが良いかどうか分からないけど、今の日本はものすごく結婚が重いものになってしまっていて、それもそれでどうなんかなーとか思った。あんま本作と関係ない話だった。

  • 解説を読むために図書館に駆け込む。

    ついつい二度目に手を出して、ついついまたしても読み込んでしまっている。
    文庫の時は☆三つだったのに増える。
    再読に耐えうる作品だってことなんでしょうか?

    街ゆく人を見て、たまたま若い子だったりするとふと、「あ~この人はまだ『第二の銃声』に出会ってないんだろうな」とか「この人は『第二の銃声』に出会わずにこれからも生きるんだろうな」とか考えてしまう。
    どれだけこの本は私に影響を及ぼしてるんでしょうか・・・

  • どんでん返しも多いし、すごく楽しめた。
    傑作としか言いようがない。さすがバークリー。

  • 2013/4/12購入
    2013/12/16読了

  • イギリス(だったか)郊外の家、お上品を気取る登場人物、
    ひとつの殺人を巡るミステリ。

    「つまらないー」と読んで、
    最後の最後の最後の最後でとても面白く感じました。
    手法も趣向も古典的だけれど、
    転換は鮮やかというより他なかったです。

  • 探偵作家の邸で作家達を集めて行われた殺人劇の最中、被害者役の人物が本物の死体となって発見されます。
    殺されたのは放蕩な生活で知られる名うてのプレイボーイで、パーティには彼の死を願う人物が揃っていました。
    事件の状況から窮地に立たされたピンカートン氏は友人の探偵シェリンガムに助けを求めます。
    二転三転する論証の末にシェリンガムがたどりついた驚くべき真相はまたもやな真相です。
    巧みな人物描写とプロットが素晴らしい本書は黄金時代の傑作です。

  • ロジャー・シェリンガム・シリーズ

    探偵作家ジョン・ヒルヤードの妻エセルに招かれヒルヤードの屋敷にやってきたシリル・ピンカード。ヒルヤード家で養育する女性エルザに付きまとうエリック・スコット・デイヴィスを追い払うように依頼される。シリルの他に招かれたエリックの従姉妹アーモレル、エリックとの噂のある元女優シルヴィア・ド・ラヴェルと夫ポール。エルザとエリックの間に割って入るシリル。発表された婚約。ヒルヤード家の推理ゲーム。被害者役のエリックの死。犯人役となったシリルにかかる容疑。シリルのはなった空砲と2発の銃声。銃声当時の各人の居場所。シリルの要請でやってきたロジャー・シェリンガム。シリルとアーモレルの恋。

    船橋図書館

  • すげぇ。そんな終わり方するんだw

  • <pre><b>探偵作家ジョン・ヒルヤードの邸で作家たちを集め
    て行われた殺人劇の最中、被害者役の人物が本物の
    死体となって発見された。殺されたのは放蕩な生活
    で知られる名うてのプレイボーイ、パーティには彼
    の死を願う人物がそろっていた。事件の状況から窮
    地に立たされたピンカートン氏は、その嫌疑をはら
    すため友人の探偵シェリンガムに助けを求めた。錯
    綜する証言と二発の銃声の謎、二転三転する論証の
    末にシェリンガムがたどりついた驚くべき真相とは
    。緻密な論理性、巧みな人物描写とブロットの妙。
    本格ミステリの可能性を追求しつづけたバークリー
    の黄金時代を代表する傑作。</b>
    (「BOOK」データベース より)

    資料番号:010472298
    請求記号:933.7/セ/2
    形態:図書</pre>

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランシス・アイ...
ウンベルト エー...
フレッド カサッ...
エラリー・クイー...
ヘレン・マクロイ
アントニイ バー...
アントニイ バー...
有効な右矢印 無効な右矢印

第二の銃声 世界探偵小説全集 2に関連するまとめ

第二の銃声 世界探偵小説全集 2を本棚に「読みたい」で登録しているひと

第二の銃声 世界探偵小説全集 2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする