花物語〈中〉

  • 103人登録
  • 3.48評価
    • (7)
    • (9)
    • (24)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
  • 国書刊行会 (1995年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336036919

花物語〈中〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中巻は上巻とは打って変わってエス文化が満載に 一体何の変化があったのか
    竹中先生の名前や、桃太郎と小波おじさんなんかが出てくるのは少しクスリとなる
    「この私が生徒にもてた時は、まったく日米開戦の始まる時よ」なんて言えた時代だったんだな、というのは新鮮な驚きでもあった

  • 古き良き時代の清らかな少女の物語。
    「乙女の港」のような少女小説だと思って読んだら、清貧の乙女の美しい生きざまのほうでした。ですが彼の時代に憧憬を抱くならこちらもご一読を。
    こうやって乙女はうっとりと溜息を零したのでしょう、と追体験はできませんんでしたが……(この本に登場する少女の年ごろは通り過ぎてしまったので)

    「ダーリヤ」「燃ゆる花」「釣鐘草」「寒牡丹」「秋海堂」「アカシヤ」「桜草」「日陰の花」「浜撫子」「黄薔薇」「合歓の花」「向日葵」収録

  • 図書館より。

    中巻は、実家での年末年始用に携えて読んだ。
    上巻に比べると、ちょっと優雅・典雅の貴族趣味みたいなものが少しうすれて、
    貧困のなかでもりりしく生きる少女、とか
    零落しても逞しく生きる乙女、とか
    そういうものが増えた気がする。
    (どちらかと言うと、わたしは女学校でのきれいなものしか出てこないお話がすきだけどな)


    こちらもついったに読みながら感想を投下したものをまとめ。


    ***

    古びた建物に宿る古色ゆかしいわびしさをこうまできちんと言い当てる描写は見たことない。「歴史と言っても(中略)恐ろしいほど記憶力を出さねばならぬものではなくて、ただわけもなく少女の柔らかい涙をさそうにはふさわしい声なき声がひそんでいるのではないでしょうか」(『露草』)


    ***


    「ヘリオトロープ」の段になり、いきなり擬古文調になって驚く。時系列で並んでいるわけじゃないのかな?と思ったけど、大正12年作とのことで、それまでの連載順からいったらやはり後の方のよう。いきなり泉鏡花みたいな擬古文になるもんだからびっくりしたww

    ***

    連載8年間の間に、話形とか少女愛の解釈とかが微妙に変遷してきているのが、集中して52話読んでいくと分かる。最初はけっこう上流階級の女の子の幸福いっぱいのお話が多いけど、半ばくらいから零落した令嬢がけなげに頑張る話とか赤貧生活の中でもたくましく凛と生きる少女の話とか増える

    ***

    わたしはどちらかというと上流階級の少女の優雅な生活を疑似体験したくて少女小説読むくちなので、後半にいくにつれ赤貧がんばり少女の出番が増えるのには参った。

  • 上巻に引き続きうらわかき処女(をとめ)たちの儚いながらも尊くいとおしい日々を綴った短編集。かなりボリュームがあるため短編集って感じがしないんですけどね。
    上巻まではまだ素敵な先輩や同級生に憧れる、可愛らしい女子同士のお話が多かったように思いますがここにきて百合度と禁断度がぐぐっと上がったような感じがします。そしてそれが相当数あるわけですからまあ食傷気味食傷気味。正直げんなりします。砂糖吐くってレベルじゃねーぞ! あと時代が時代なだけにしょうがないのでしょうが、結婚ネガキャンのすごいこと。結婚したい女子が読んでたら嫌な気分になること間違いなし、ソース私。そんなに「少女」であることに幻想を抱かなくてもいいじゃない、汚れてる少女だっていっぱいいらぁ、女なんだもの。既に少女なんてものは幻想だ。ああ、だからすぐ相手のヒロインが死ぬんですねわかります。と、ちょっとぷりぷりしてきた。いい加減ぷりぷりし過ぎですか? 下巻くじけそうだけど頑張ります。

    好きな話は「ダーリヤ」「釣鐘草」「秋海棠」「日陰の花」は私と同じ名前の子が出てきてどきどきしてしまった。「燃ゆる花」は実話ってマジか!?

  • あの文章はもはや芸術だよ……。
    上巻に比べて公家の出で〜みたいな設定が多かった気がします。気のせい?
    「日陰の花」が印象に強いです。

  • 花をモチーフにした吉屋信子の少女小説復刻版。

  • 大正5年から「少女画報」に連載された、吉屋信子19歳頃の作品。7話完結の予定だったが、読者の強い要望により、54話まで書き継がれる。大正9年2月13日、洛陽堂から単行本が発行された。『花物語』の少女たちは、みな悲しい過去や現在を背負っている。しかし、その悲しみが、彼女らを強くし、優しくし、そして、時に美しく輝かせている。

  • 花の名前をモチーフに少女たちの返らぬ日の物語を綴った短編集。
    上・中・下巻と三冊ありますが総て復刻版なので中原淳一氏の装丁もきちんと再現されています。また、新たに加えられたイラストもありますので中原淳一ファンにとっても嬉しい作品ではないでしょうか。

全11件中 1 - 10件を表示

吉屋信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
嶽本 野ばら
三島 由紀夫
澁澤 龍彦
吉屋 信子
有効な右矢印 無効な右矢印

花物語〈中〉に関連するまとめ

花物語〈中〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする