野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛

  • 58人登録
  • 4.17評価
    • (13)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 国書刊行会 (2000年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (595ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336042620

野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんなに戦争のことを書いても、野坂昭如は泣かせてくれない。性欲と食欲と、戦争と家族と、そして死と。表題作は内容の濃さが圧倒的。一方で、「同行二人」「おっぱんぱん」は短編として構成と展開がとてもいいし、「軍歌」「猥歌」みたいなエロ要素が少なめの方が、読んでみてよかった。両方とも最後しんみりしてしまうけれど、そういう時頭の中に「ソ~クラテ~スかプラトンか~」と流れてくるので、軽く脱力してしまう...。ああやっぱりいいなぁ、野坂さん。

  • 骨餓身峠死人葛だけ読む。もっと狂ってるかと思ったが案外普通というか、近親相姦村落モノとして予想の範囲内。文体が読みにくいが独特の雰囲気醸し出してて面白い

  • なんといっても「骨餓身峠死人葛」ですねぇ。

  • タイトルになっているだけあって、
    骨我身峠死人葛がやっぱり一番いいかな。
    わかりやすくいえばグロテスク!

  • レッツエログロ。
    それにしても野坂先生かっこいいな。

  • 絶頂期の作品集。

  • 天才。このレベルの創作者が出てきてくれたら…。

  • 天井桟敷で舞台化された「骨餓身峠死人葛」。死体の持つ妖艶さが花ひらくクライマックスシーンがもう……!
    「軍歌」のあっけなさも好きです。

全8件中 1 - 8件を表示

野坂昭如の作品

野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛に関連する談話室の質問

野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛を本棚に「積読」で登録しているひと

野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛の作品紹介

"うちゃ、もっと死人葛がほしいんよ、あげんうつくしか花はなかとよ…"死人を養分として美しい白い花を咲かせる死人葛。その花に魅せられた少女たかをと、彼女を取り巻く人々の愛欲とを淡々とした筆致で綴る表題作のほか、軍歌教師であった父と自らの軍国少年時代に対する葛藤が軍歌の絶唱にこだまする「軍歌」、希代の娼婦の一生を華艶なる語りで描き切る「浮世一代女」など、傑作揃いの十六篇。

野坂昭如コレクション〈2〉骨餓身峠死人葛はこんな本です

ツイートする