野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろ

  • 32人登録
  • 3.77評価
    • (4)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 国書刊行会 (2002年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336044518

野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 是非一度は読んでいただきたい衝撃作:てろてろ

    読み始めはヘンテコな人達がヘンテコなことをしているなぁと楽しく思っていましたが、読み進むにつれてその個性の強烈さにゾッとさせられてしまいました。登場人物たちの個性と言ったらそれは生半可なものではなくて、もし現実に自分の側に居たら少し怖くなってしまうくらいなのですが、妙にコミカルに描かれています。そのため実は異常な世界なのに不思議と何の抵抗もなくサラサラと読み進められます。

    ただ後半、彼らが一致団結して目指したものとその結末にはえー?!と目を丸くするしかありません。その描写はとても生々しくグロテスクでものすごいです。私は忘れられません。

    衝撃度はピカイチ、読みやすさもピカイチです。
    刺激の足りない日常からの現実逃避にもぴったりかと思います。

  • 他に誰がこれを書ける?唯一無二の時代の落とし子。

  • クセがありすぎるハンサム祭なリターンズ1巻。「てろてろ」のどーしようもない連中が愛おしい。

全3件中 1 - 3件を表示

野坂昭如の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
フランツ・カフカ
安部 公房
ウラジーミル ナ...
有効な右矢印 無効な右矢印

野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろの作品紹介

スカトロジスト・ビン、オナニスト新吉、酒乱の禅介。殺人こそが他者との対話の究極の形と信ずるたちの荒唐無稽の行動の彼方に、現代文明や風俗に対する確かな批評感覚を浮かび上がらせた痛快テロ小説『てろてろ』に、17歳の少年カンとその仲間たちの奇想天外な性の意識を独特の語りで描く『真夜中のマリア』をカップリング。70年前後の「気分」を小説世界に見事に定着させた2本立て。

野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろはこんな本です

ツイートする