伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)

  • 72人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (2)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 国書刊行会 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336044846

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 汽車の中から物語が始まるパターンは紅雀とおなじかな。終盤近くまではかなり面白いのだけど、最後は早足で大団円にまとめすぎたように感じる。昔の少女向けラノベだし、しょうがないか。面白いけど同シリーズ3冊の中では少し落ちるかなぁ。

  • ここまでいくといっそ清々しいほどの、模範的な少女小説。修身につかえそうな勢いですが、これはこれで楽しいです。

  • 父の面影を知らず、母を亡くし、女学校を出て東北のある街へ教師として旅立つ伴三千代。その車中で捨て子を見つけ手元に引き取り育てながら教師を続ける。東京からの高慢ちきな香世子が伴先生のクラスに転校してきて嵐を巻き起こし、香世子の母の辰子夫人の陰謀やその甥の作為を退けて、常に清らかな心の伴先生。最後には捨て子の母も父も、伴先生自身の父も見つかり大団円。なのだが、ワタシとしては香世子やその母辰子夫人があっさり心を入れ替えるのがご都合主義かなぁ、と。もっと懲らしめてやりたかったと思うのは意地悪でしょうか?

  • 請求記号:Fヨシヤ
    資料番号:010513810

  • あまりエス的な感じではなかった。
    これぞ少女小説!
    少女が読むにふさわしいと思いました

  • 吉屋信子さんはきれいな文章をお書きになる方です。本当に尊敬する人。
    こちらの作品は、教師をテーマに描かれています。

  • 雰囲気はとても好きだが、どうしても「おいおい、それはないだろう」とツッコミたくなる所が多々あった(笑)。

  • *少女小説
    *弥生美術館

  • 嶽本野ばら氏監修『吉屋信子乙女小説セレクション』第三弾。コレは殆ど読めてないのでとりあえず★三つで。読んだら更新します。

全9件中 1 - 9件を表示

吉屋信子の作品

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)に関連するまとめ

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)を本棚に登録しているひと

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

伴先生 (吉屋信子乙女小説コレクション)はこんな本です

ツイートする