レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)

  • 24人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Terry Southern  松永 良平 
  • 国書刊行会 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336045218

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の略歴を読んだだけでお腹いっぱい?
    いえいえ、作品もよい出来です。
    パリのジャズの話が好きだわ。

全1件中 1 - 1件を表示

テリー・サザーンの作品

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)の作品紹介

「おまえはヒップすぎるぜ、ベイビイ。そうだろ。ただのヒッピーなのさ」パリのジャズシーンで自由を謳歌する学生マレイと黒人ピアニストのバディとのクールにしてビターな出会いと別れを綴る青春/ジャズノヴェル「ヒップすぎるぜ」、「ハイになれば、ペテンやサギ、クソみたいな大ウソのすべてが透けて見える。その内側にある真実が見えるんだ!」-真夏のテキサスを舞台に、少年の"通過儀礼"をみずみずしい筆致でとらえた表題作「レッド・ダート・マリファナ」、JFK暗殺にまつわるグロテスクな妄想を鮮烈に描き、ウィリアム・バロウズをして「これまでに読んだ中で一番笑えた小説」と言わしめたアシッド・サイケ短篇「狂人の血」などの小説作品の他、トム・ウルフ、ハンター・S・トンプソンによる"ニュージャーナリズム"の先駆けとなった異色ルポルタージュ「オル・ミスでバトン・トワリング」、不条理作家と精神分析家が繰り広げるスラップスティック・コント「カフカVSフロイト」等も収録。"20世紀で最もヒップだった男"テリー・サザーンのヴァラエティあふれる唯一の短篇集がついに登場。

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)はこんな本です

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)のペーパーバック

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)のペーパーバック

レッド・ダート・マリファナ (文学の冒険シリーズ)のハードカバー

ツイートする