稲生物怪録絵巻集成

  • 50人登録
  • 4.09評価
    • (4)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 杉本 好伸 
  • 国書刊行会 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336046352

稲生物怪録絵巻集成の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代、備後三次藩(現・広島県三次市)に実在した
    稲生武太夫こと、幼名・平太郎を襲った怪異を纏めた記録=
    稲生物怪録(いのうもののけろく)を著した絵巻物を
    一冊の本に閉じ(綴じ)込めた資料集。
    書籍で言うところの異本を比較するべく、
    二種の絵巻を二段組、
    三種の絵巻と絵本を三段組のレイアウトで見せるアイディアと
    ボリュームが凄い。
    ページを捲るのが楽しくて堪らない。
    寛延2(1749)年7月の一ヶ月間、妖怪変化が次々に稲生家を訪れ、
    剛胆な平太郎をあの手この手で脅かそうとする様子が、
    おどろおどろしくもユーモラスに描かれている。
    稀に命に関わるような深刻なケースもあったものの、
    ほとんどは苦笑を誘う、こけおどしの数々で、
    平太郎が度々うんざりした表情を浮かべているのが面白い。
    編者曰く、稲生物怪録は虚実が綯い交ぜになっている点で、
    他の多くの妖怪譚とは異なる――とのこと。
    魔王・山ン本五郎左衛門が現れたという年の三次の地図には稲生家が存在しない、
    かと思えば、稲生家が広島藩に仕えていた記録が残り、
    稲生家自体が養子を迎えながら現代まで存続しているから、なのだそうだ。

  • やっと買った〜!
    稲生物怪録を収めた絵巻物8巻をまとめたもの。
    翻刻も載っていて、欠落部分は欠落部分でそのまま。

    各巻物を見比べるだけでなく、翻刻が掲載されているので読み比べることもできる!
    絵巻をそのまま写真掲載しているだけだと思っていたので、翻刻がそれぞれ載っていてすごく嬉しい!
    最高です。

  • 平成16年7月20日~8月29日に広島県立歴史民俗資料館で開催の「稲生物怪録と妖怪の世界」展に合わせて企画されたもの。展覧会企画だけあって本邦初紹介となる絵巻、絵巻絵入写本・絵本などオールカラーで、この1冊に完全収録。

  • ビジュアルは完璧。できれば現代語訳がほしかった。

  • 2012年7・8月 図書館員のおすすめ
    「妖怪画鑑賞 ~妖怪は見た目が命~」

全6件中 1 - 6件を表示

稲生物怪録絵巻集成を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

稲生物怪録絵巻集成を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする