北斎妖怪百景

  • 159人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (11)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 京極夏彦
制作 : 多田 克己  久保田 一洋 
  • 国書刊行会 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336046369

北斎妖怪百景の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小布施と言えば北斎。
    「妖怪の世界へどうぞ 17日夜に小布施で「妖怪夜会」」信州Liveon
    http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_225992

    国書刊行会のPR
    「有名な『北斎漫画』をはじめとして、読本挿絵から肉筆まで、葛飾北斎が描いた妖怪300が大集合。今回初めて全貌が紹介される貴重な妖怪黄表紙『化物和本草』も収録。」

    神保町ミュージアムVol.3 大屋書房の「百鬼夜行」 - ナビブラ神保町
    http://www.navi-bura.com/special/museum_vol03.php

  • 北斎のとらわれることのない自由な発想は、その絵に表れている。
    デザイナーとしてもかなりの才能がある気がしていた。

    迫力のある北斎の妖怪画の数々。それだけで凄いのに、説明しているのは京極夏彦!
    もう買うしかないですよ、これは。4,200円なのに迷わず買ってしまったです。

    一つ一つの絵に、食い入るようにして覗き込んでしまいます。
    ただし、夢に出てこないように注意が必要です(^^;

  • 北斎が描く浮世絵は、素晴らしい〜〜。
    北斎が描く妖怪、幽霊たちは活き活きしている〜。

    生首図や幽霊図なんて、
    夜中にベッドの中で薄明かりで見れないよお。

    雷神図や富士越龍図なんて、構図といい、色づかいといい、
    カッコ良い〜。

    北斎の描く世界観を「地」「水」「火」「風」の
    4つのカテゴリーに分けて紹介してあり、
    各章の最後にまとめて
    各絵の解説も載っているので、
    文章とともに魔の世界が楽しめます。

    これはね、各家庭に1冊は有っても良い本だと思います。
    何回、見返してもワクワクします。

  • たまらん

  • 私がゆってもしょうがないけど、北斎さんは天才ですね。

  • 2,3年前、北斎展(版画が主)を見て、度肝を抜かれた。こんなにおじいさんになるまで、こんなにもたくさんの絵を描いていた、そのバイタリティってどんななんだ?ちょっとおもしろかったのは、コンパスと定規を使って牛を描く方法の手引き、なんてのがあったこと。ほら、あなたもこうすれば描けるでしょ、みたいな、サービス精神旺盛で茶目っ気のある絵だった。いや、この通りやっても、絶対に北斎みたいな絵は描けないんですけど〜。その後、『北斎漫画』を図書館で借り、髭のおじさんが縦・横に顔を引っ張ってみている絵がとても気に入ったので、拡大コピーして仕事部屋に貼り、励みにして(?)いた。

    閑話休題、本書はその北斎の妖怪画集。いや出るわ出るわ、醜怪なのやら陰惨なのやら滑稽なのやら。しかし画狂人・北斎は決して自分が楽しいからというだけで多くの絵を描いていたのではなく、見る側のニーズに合わせて「売るため」の絵を描いていたのだ、という京極夏彦の解説になるほどーとうなった。職業人・北斎。さればこそ、これだけ息が長い画家として絵を描き続けられたというものかもしれない。どれもすごいが、強いて挙げれば『皿屋敷』『怒濤図』『生首図』『悪人を阿鼻地獄に落とす雷神』あたりが個人的には「参りました」と平伏したくなる絵。・・・とはいえ、これだけ妖怪づくしだと何だかおなかいっぱいな感じ。私は図書館で借りたので駆け足で読んでしまったが、手元に置いて、時々少しずつ見るのが正しい(?)鑑賞法なのかも。
    結局のところ、『北斎漫画』に出てくる人物百態みたいな軽いタッチの絵の方が、私は好きかなぁ。

    *本書の大きな部分を占めているのが読本挿絵。このあらすじも収録されているのだが、破天荒な話やおどろおどろしい因縁話が多くてこれにもびっくり。今よりおそらく死がずっと身近に感じられたのであろう江戸時代。きっと妖怪ももっと身近なものだったのだろう。*京極夏彦といえば、『嗤う伊右衛門』の挿絵に北斎の絵を使っていたような。今手元になくて確認できないのだが。ちょうちんの『お岩さん』はそのとき知った気がする。

  • 思い切って買っちゃいました!そして、大満足です。肉筆、浮世絵含め、実際に眼にしたものも多く、そのときの興奮(ほとんど法悦)が甦るようで、こういう形で手元に置いておけるのが嬉しい。京極夏彦の文章、当然ながら見事。私は「しうねん」という絵が好きです。それから「異界のもの」という意味で、妖怪に限らず龍も載っていますが、この、齢九十の画狂人の肉筆の軸(富士山に昇龍)、すごい!また小布施に行きたくなっちゃいました。

  • 北斎による妖怪画を集めた画集。

全9件中 1 - 9件を表示

京極夏彦の作品

北斎妖怪百景を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

北斎妖怪百景の作品紹介

葛飾北斎の妖怪が大集合!本書には挿絵から肉筆まで、北斎の書きつけた異形のほとんどが収められている。

ツイートする