亡びざるもの

  • 24人登録
  • 5.00評価
    • (6)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Barbey D'Aurevilly  宮本 孝正 
  • 国書刊行会 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336047434

亡びざるものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表現のしかたが素晴らしい。それをよくとるか悪くとるかは人の好み。内容は単調?

  • 積読中。未読のため、★5つ。

全3件中 1 - 3件を表示

バルベー・ドールヴィイの作品

亡びざるものに関連する談話室の質問

亡びざるものの作品紹介

神々しいまでの美青年アラン、スキュドモール伯爵夫人、その娘カミーユ-わずか三人の登場人物が暗鬱なノルマンディの古城に繰り広げる、極限の愛と愛の不可能性の物語。オスカー・ワイルドが英訳を手掛けたデカダン派巨匠の禁断の長篇小説。

亡びざるものはこんな本です

ツイートする