ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 森村 たまき 
  • 国書刊行会 (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336049520

ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作『夏の稲妻』の10日後の話。ギャリー伯父さんの回顧録をめぐるドタバタと、その末路

  • 世の中の憂いを忘れ、幸せな気分で笑えるシリーズ。「夏の稲妻」を先に読むべきですがこれだけ読んでも面白かったです。


    2016年1月再読
    98年BBCがHeavy Weatherをドラマ化しておりDVDにもなっておらずYou Tubeでは見られることを知ったため。
    セリフが全く聞き取れないので翻訳本の助けを借りる。面白かったです。エムズワース卿はピーター・オトゥール。

全3件中 1 - 3件を表示

PGウッドハウスの作品

ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)の作品紹介

若い恋人たちの恋路を阻む階級差の壁と不幸な誤解、高貴なる豚エンプレスを襲うどす黒い影。大英帝国社交界を震撼させるギャリー伯父さんのスキャンダラスな回想録の行方は?『夏の稲妻』で大活躍のお仲間に、マンモス出版社のワンマン社長ティルベリー卿、ハンサム・リッチで気のいいモンティ・ボドキンら、強力新キャラクターも続々登場して、ブランディングズ城はいよいよ大混乱。

ブランディングズ城は荒れ模様 (ウッドハウス・スペシャル)はこんな本です

ツイートする