リトル・ガールズ (ボウエン・コレクション)

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Elizabeth Bowen  太田 良子 
  • 国書刊行会 (2008年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336049865

リトル・ガールズ (ボウエン・コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014年神保町ブックフェスティバルで購入。
    国書刊行会の『ボウエン・コレクション』の1冊。
    3人の少女たちの青春と、長じてからの再会を描く。
    数人の女性が織りなす会話劇というのが好きなので(日本の作家だと恩田陸に幾つかあるね)、本作も楽しく読んだ。正確には『会話劇』とは言い切れないのだが、再会してからの、緊張感に満ちた会話のシーンは矢張りいい。
    英国の小説らしく、自然の描写が溢れているのも読みどころ。

  • 翻訳本の中でも、私にとっては特に読みずらい小説だった。

    「彼らは並んで廊下を下り、突き当たりでまぶしく光っているガラスのドアから中庭を出ると、中庭の扉を通って庭に入り、初霜が降りた朝特有の、報復するような、きらめく美しさに包み込まれていた。」

    この文章表現にグッと来た。

    英国の由緒ある学校の原風景みたいなものに憧れがあるので、一度読んでも理解でききれなかった本書を、もう少しすれば再読してみようと思う。

    私の大好きなイアン・マキューアン著の『贖罪』にエリザベス・ボウエンの名前が出ていたが、私はそのことを知らずに、エリザベス・ボウエンの『愛の世界』を購入してみた。

    これも出会いの一つなので、ボウエン・コレクションを全て集めてみようと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

エリザベス・ボウエンの作品

リトル・ガールズ (ボウエン・コレクション)の作品紹介

セント・アガサ女学校に通う、ダイアナ、シーラ、クレア。大戦によって引き裂かれ、女学校という不思議の国を出た3人が、オールド・ガールズとなって再会した、その目的とは-。20世紀を代表する女性作家ボウエンが描きだす、少女たちの無垢と棘。

ツイートする