オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件

  • 34人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 河内 恵子 
  • 国書刊行会 (2010年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336051479

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初から真犯人の目星をつけておきながら、調査推理を全部オスカー・ワイルドに任せちゃうコナン・ドイルが一番ずるい。一番頭いいとも言えるが。ロバートはワイルドの真の性的嗜好から目を背けようとしているな。ハイテンションで饒舌なワイルド、探偵キャラとしてはちょっとうざい。ちなみにワイルドの作品では童話の「ナイチンゲールとバラ」が好き。

  • オスカーワイルドが訪ねた部屋で死んでいた謎の美少年。だが友人のコナンドイルを連れて戻った時には遺体も犯罪の痕跡すらも消えていた。
    ワイルドは親友の詩人ロバート・シェラードを相棒に、自ら事件捜査に乗り出す。

    ワイルドが美少年達とどういう関係なのか?という部分はワイルドを庇うような解釈がクドい気もする。

    ちなみに、コナンドイルは誠実なお医者さんという感じでステキでした。
    友人ドイルの生み出したホームズのように、相手をみただけで素性を当ててみせるワイルド。ドイルはその後、恰幅のいいワイルドを「ホームズの兄」のモデルにした…というエピソードが描かれている。

  • うーん、まぁまぁかなぁ...すごく面白かったという訳でもなし。ワイルドがノンケみたいな扱いだったのも物足りないかも...。

  • 探偵役にワイルド、語り手がロバート・シェラザードとくれば19世紀英国好きには応えられないキャスティングだろうと思います

  • 後期ヴィクトリア時代のロンドンを、ロバート・シェラードとともに歩く。優雅にロンドンのクラブやレストラン、劇場を歩き、ときどき殺人事件あり。コナン・ドイルとオスカー・ワイルドの世界が合体するとは思いませんでした。Oscer Wilde Mysteriesとして出ているようです。来年に出る5作目(?)が気になります。“Oscar Wilde and the Vampire Murders: A Mystery”おお、ヴァンパイアものだろうか!

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
山尾 悠子
北村 薫
麻耶 雄嵩
ジェフリー フォ...
ケイト・モートン
町山 智浩
三浦 しをん
伊藤 計劃
辻村 深月
ヘニング・マンケ...
サンティアーゴ ...
キャロル・オコン...
ジェラルディン ...
トム・ロブ スミ...
ケイト・モートン
有効な右矢印 無効な右矢印

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件を本棚に登録しているひと

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件を本棚に「積読」で登録しているひと

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件の作品紹介

1889年、ロンドンのとある建物の一室で、周囲をキャンドルに囲まれ、喉を掻き切られた、美少年の惨殺死体が発見される。第1発見者は、「時代の寵児」オスカー・ワイルド。少年と知り合いであったワイルドは、コナン・ドイルの協力を得て、友人であるロバート・シェラードとともに真相究明に乗り出す。するとワイルドの周辺には怪しげな人影が出没し始め、やがて奇妙なクラブの存在が浮かび上がる…絢爛と暗黒が渦巻く世紀末のロンドンを舞台に繰り広げられる、華麗なるミステリ。

オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件はこんな本です

ツイートする