お日さま お月さま お星さま

  • 93人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
  • 国書刊行会 (2009年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336051622

お日さま お月さま お星さまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先にイラストがあって、そのイラストにふさわしい物語を
    ヴォネガットがつけたという絵本。

    お日さま、お月さま、お星さまをそう解釈して
    そう逆の視点から見せるのかと、その発想に脱帽。
    なぜそういう物語にしたのか、理由が知りたい。

    カラフルでポップなイラストと、ミスマッチのようで意外と合ってる物語が
    素敵な絵本だった。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“コンクラーベ”で登場。
    http://harajukubookcafe.com/archives/795

    青山ブックセンター 佐々木貴江さんがmoumoonさんにプレゼンした1冊。
    『moumoonさんといえば、名前に月が入っていて、これから出る新曲が「Hello,shooting-star」ということで、星という言葉も入ってるのでこちらの絵本を選びました。』(青山ブックセンター 佐々木貴江さん)

    見事、moumoonさんの今読みたい本に選ばれました!


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 久しぶりにヴォネガットを読みたくなって、さくっと借りることにした。

     最初に到着したのは、彼の唯一の『絵本』だった。キリストを描いたと思われる物語。宗教が異なるからか、ぴんとこなかった。

     そもそも最初に絵があって、それに文章を付け足したらしい。どんな顔してこの文章作ったんだろうな。そっちのほうに興味があるな。

  • 絵が描かれたあとに文章を付け足したものらしい。

    キリストの誕生を右も左も分からない赤ん坊(キリスト)の視点から見たような絵本。

    絵といっても大雑把な切り絵みたいな単純な丸とか星のみ。
    これでキリストの話に持っていけたのはある意味すごいのかもしれない。

  • チャマイエフの色紙を切って貼ったような絵に、キリストが生まれた日を描いた文章が重ねられた絵本。でも宗教色はほとんどない。赤ちゃんが生まれた家庭の静かな幸せが伝わってきた。世界中、どの家でもこんな感じなんじゃないかという気がする。

  • カート・ヴォネガットが抽象画家の絵に文をつけた絵本です。

    無神論者である彼が造物主についてどう語るのか。

    ユーモアの効いた懐の深い一冊です。

  • なんだか感動的な気持ちになる絵本。
    イラストがとても好きな感じです。ずっとみていたいな。

  • でっかい

全8件中 1 - 8件を表示

カート・ヴォネガットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ショーン・タン
カート・ヴォネガ...
ポール・オースタ...
村上 春樹
カート ヴォネガ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

お日さま お月さま お星さまを本棚に「読みたい」で登録しているひと

お日さま お月さま お星さまの作品紹介

無神論者であるカート・ヴォネガットがアメリカ・デザイン界の重鎮アイヴァン・チャマイエフと共作した幻のクリスマス絵本。

ツイートする