ひとりぼっち (BDコレクション)

  • 67人登録
  • 4.04評価
    • (6)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 中里 修作 
  • 国書刊行会 (2010年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336052933

ひとりぼっち (BDコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵と言葉。
    漫画にしかできないこと。

  • ひとりぼっち。

  • <閲覧スタッフより>
    沖の灯台にひとり暮らす「ひとりぼっち」氏。彼の楽しみは両親が残した辞書を手繰ることだった。陸の世界を知らず語彙も少ない彼の辞書遊びとは?白と黒の強いコントラストがなんとも美しい作品です。

    --------------------------------------
    所在記号:726.1||シヤ
    資料番号:10209347
    --------------------------------------

  • 足を踏み出すのは自分

  • 極力セリフを省きながらも、「ひとりぼっち」の置かれた境遇、失っているもの、持っているもの、饒舌すぎるほどに読み取れる構成に舌を巻く。

  • 「辞書遊び」したくなる。
    外面はともかく、内面はみんな「ひとりぼっち」と同じだよ、

  • なんだろう。読んでる最中のSOILがぼんやり出てくる感じ…絵か⁈絵が似てるのか⁈さすがカネコ先生!内容はひとりぼっちの男の話。この男をどう受け止めるのか。ラストの展開のそれぞれの解釈にその答えはあります。って作者が書いてたよーな

  • シンプルながら深みのある設定がツボ。絵柄も親しみやすかった。ハートウォーミングなストーリーが良かった。

  • 海に浮かぶ、荒い波の押し寄せる岩の上に建てられた灯台に、船長とたった一人の船員を乗せた、一艘の漁船が接岸する。 船長は、船員に、ダンボールを降ろすように、うながし、作業が終ると、船長はすぐ船を出すよう命令する。 この灯台は、自動化されたはずなのに、どうして、食料を届けるのかと、いぶしがる船員に、船長は、言葉短く、次のような話を語る。

    この灯台には、かつて燈台守夫婦と、その子供が住んでいた。 妻は早く死に、燈台守も、15年前に、この世を去り、今は、その息子は、一人で灯台で暮している。  灯台守は、子供が奇形であったため、彼を世間から隠し続けていたため、彼は生まれてから、灯台から一歩も外へ出ることなく、灯台の中で暮し続けていた。  灯台守は、全財産を船長に託し、毎週、息子のために、生活に必要な品を届けるように遺言していたのだった。 

    カラーが主流なフランス漫画では、珍しい白黒のみで描かれた漫画。 全部で、369ページあるのですが、ほとんど読むところがないので、あっという間に読み終わってしまった、読み心地が今ひとつ作品が多いフランス漫画では大変めずらしいタイプの、漫画というより、読む映画、と形容したくなる、どこか無声映画を彷彿させる作品です。

    あらすじを読むと、くら~い感じの話かしらと思われるかもしれませんが、たった一人で、50年間海に囲まれた灯台で生き続けていた一人の男の心理が、シンプルだけど、力強く、かつ、繊細なグラフィックで、さりげないユーモアを交えながら表現した、静かな感動を呼び起こす、奇妙な舌触りのする漫画です。

    クリストフ シャブテ氏は、私のお気に入りのBD作家なのですが、本作は、Christophe Chabouté 氏のベスト作になるのではないかと、私は思いました。

    詩的で、哲学的で、諧謔的で、そして、ほんわかとしたやさしさが、感じられ、最後のページを読み終わった時には、自然に溢れ出る涙を止めることが出来ませんでした。  ナイト・テーブルに、いつも置いておいて、淋しい事、辛い事があったら、そっと開きたくなる、そんな特別な一冊です。

    【きわめて個人的な本の評価】
    総合評価 : 5/5
    ストーリー : 5/5
    グラフィック : 4/5
    着色 : 4/5
    ネーム : 5/5
    フランス語難易度 : 1/5(易<難)
    読みごこち : 5/5(難<易)

    本レビューは、以前ブログにアップした「Tout seul」のレヴューを加筆修正したものです。邦訳は未読。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブノワ・ペーター...
メビウス
ピエール ルメー...
マルク=アントワ...
ブノワ・ペーター...
ニコラ・ド・クレ...
ジェイムズ・P・...
ヴィンシュルス
メビウス
ショーン・タン
アラン・ムーア
ヴィクトール・E...
ショーン タン
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりぼっち (BDコレクション)に関連する談話室の質問

ひとりぼっち (BDコレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとりぼっち (BDコレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひとりぼっち (BDコレクション)の作品紹介

事情を抱えて港町に流れ着き、水夫の職にありついた男は、週に一度、荷物の詰まった箱を沖の灯台まで運ぶ仕事を命じられる。無人と思しいその灯台には、生まれてから陸の世界を知らずに暮らす者がいることを知らされる。「ひとりぼっち」氏と呼ばれる灯台守に対し、同情と共感が混じった思いを水夫は抱き始める。沖の灯台でひとり、想像力を羽ばたかせる「ひとりぼっち」氏の秘やかな楽しみとは…?沈黙の余白、黒い言葉、多彩なグラフィックが目くるめくバンドデシネ作品。

ツイートする