渋沢栄一 国富論ー実業と公益

  • 12人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渋沢栄一
制作 : 国書刊行会編集部 
  • 国書刊行会 (2010年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336053114

渋沢栄一 国富論ー実業と公益の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公益に尽くすのは、為政者だけではなく、実業家もまたその義務を負うのだ、という渋沢栄一の覚悟が窺い知れる一冊。救民策とか地方経済の活性化等にまで言及されており、確かに実業家でありながら社会問題への関心の高さが現れている。ただ、本書で紹介されているのは、実業家としての社会的責任等の一般論について渋沢栄一が語った言葉であり、彼がひとつひとつの社会問題にどの様に取り組み、実業家ならではの可能性や課題にどう向き合ったのかといったことは詳らかではない。

  • 志って大事だな。。。後日更新予定!

全2件中 1 - 2件を表示

渋沢栄一の作品

渋沢栄一 国富論ー実業と公益を本棚に「読みたい」で登録しているひと

渋沢栄一 国富論ー実業と公益を本棚に「積読」で登録しているひと

渋沢栄一 国富論ー実業と公益の作品紹介

渋沢栄一の言葉から、個々人の公益の追求と私益の追求とは何かを問う。大著「青淵百話」より、公利公益の哲学を中心に再構成。

渋沢栄一 国富論ー実業と公益はこんな本です

ツイートする