第四の館 (未来の文学)

  • 70人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 柳下毅一郎 
  • 国書刊行会 (2013年4月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336053220

第四の館 (未来の文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【選書者コメント】ラファティは短編ではSFホラ吹きおじさんとして知られている作家なのですが、長編になるとものすごい勢いの小説を書くのです。そんな一冊。
    [請求記号]9300:1793

  • いつものラファティ.

  • 「昔には帰れない」「蛇の卵 」に続く、ラファティ・ラッシュ?第3弾(出版社全部違うけど)

    国書刊行会のPR
    「世界最高のSF作家ラファティによる『地球礁』『宇宙舟歌』に並ぶ初期代表長篇にして最高傑作がついに登場! 
    さえない新聞記者フォーリーが出会う奇妙な陰謀の数々。
    狂気とは何か? 人はいかにして神になるのか?
    世界に牙を剥く衝撃のラファティ文学。

    とってもいい目をしているが、おつむが足りない若き新聞記者フレッド・フォーリー。彼はテレパシーでつながって人間を越えた存在になろうとする七人組の〈収穫者〉にそそのかされ、さる政界の大物が五百年前に実在した政治家と同一人物ではないかと思いつく。この記事を調べるうちに、フォーリーはいくつもの超自然的友愛会が世界に陰謀をめぐらしていることを知り、熾烈な争いの中に巻きこまれていく……世界最高のSF作家、ラファティによる初期傑作長篇がついに登場。善と悪、現実と幻想、正気と狂気が入り乱れ、奇天烈な登場人物が大暴れする唯一無二のラファティ・ワールド!」

全4件中 1 - 4件を表示

R・A・ラファティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
ピエール ルメー...
アルフレッド ベ...
ジャック・ヴァン...
ミハル・アイヴァ...
トマス・M・ディ...
伊藤 計劃
サルバドール プ...
J.L. ボルヘ...
ロベルト ボラー...
有効な右矢印 無効な右矢印

第四の館 (未来の文学)の作品紹介

世界最高のSF作家ラファティによる『地球礁』『宇宙舟歌』に並ぶ<br>初期代表長篇にして最高傑作がついに登場! <br>さえない新聞記者フォーリーが出会う奇妙な陰謀の数々。<br>狂気とは何か? 人はいかにして神になるのか?<br>世界に牙を剥く衝撃のラファティ文学。<br><br>とってもいい目をしているが、おつむが足りない若き新聞記者フレッド・フォーリー。<br>彼はテレパシーでつながって人間を越えた存在になろうとする七人組の〈収穫者〉にそそのかされ、<br>さる政界の大物が五百年前に実在した政治家と同一人物ではないかと思いつく。<br>この記事を調べるうちに、フォーリーはいくつもの超自然的友愛会が世界に陰謀をめぐらしていることを知り、熾烈な争いの中に巻きこまれていく……<br>世界最高のSF作家、ラファティによる初期傑作長篇がついに登場。善と悪、現実と幻想、正気と狂気が入り乱れ、<br>奇天烈な登場人物が大暴れする唯一無二のラファティ・ワールド!

ツイートする