ボリバル侯爵

  • 57人登録
  • 4.15評価
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 垂野創一郎 
  • 国書刊行会 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336057600

ボリバル侯爵の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナポレオンのスペイン遠征に出兵した、あるドイツ将校による1813年冬の回顧録という形で物語は始まる。ラ・ビスバルの地における将校たちの陽気なドタバタ劇から後半、ページをめくる手が止まらなかった。とても面白かった!恋愛のかけひきや兵隊生活から戦いが始まり事態がどんどん重なっていく。そこへさまよえるユダヤ人の存在が陰影をつけ、ボリバル侯爵の謎めいた存在が物語を膨らませ加速させていき圧倒された。読書の醍醐味を楽しく味わった!

  • ナポレオン皇帝下の軍の恋の鞘当ての様がわらえた。死んだ筈のボリバル侯爵を死ねない呪いにかかったサリニャック大尉が追う皮肉。最も連隊を呪っているのは、ボリバルでもサリニャックでもなく、指揮官の亡妻のフランソワーズ=マリーかも知れない。

  • ナポレオン軍に占領されるスペインの町。瀕死のフランス軍兵士が目撃した町の名士ボリバル侯爵とスペインゲリラとの密会。ナポレオン軍に対する反撃の3つの合図。3つの合図に警戒をするヨッホベルク少尉。レスリー大佐の妻を寝とる4人の部下。新たなレスリー大佐の愛人モンヒタにもちょっかいをかけるが。サリニャック大尉のスペイン人従者を泥棒として処刑するフランス軍。従者をボリバル侯爵の変装と考えるヨッホベルク少尉。

  • ふむ。もし、ヨッホベルク少尉がボリバル侯爵に憑依され、ボリバル侯爵として周囲から認識されてるのだとしたら、“まえがき”の無口なヨッホベルクは一体だれ?翻訳物独特の言い回しに手こずりました。時代背景とキリスト教の教義にもっと通じていたなら更に理解しやすかったかも。それでも喜劇風の展開は面白かったです。(図書館で借りたのですが、新品同様で綺麗な割りにタバコ臭くって><。書き込みがしてあるのと同じくらいイラッ!)

  • いつの間にか出ていてびっくり!去年「夜毎~」が出たばかりじゃないか!!と喜びいさんで買った。期待は裏切られず。ただ「最後の審判~」が衝撃だったので、あれは越えないかしら。しかし妙にクスリとしつつ、体の周りをモヤモヤにまかれる幻想体験、素晴らしい。

  • 非常に『国書刊行会らしい』本。これを邦訳してくれるのは国書だけだろうw
    ちょっと風変わりなミステリ……と思わせておいて、ラストの一文が凄い。

  • 「夜毎に石の橋の下で」でジンワリしたので、此方も早く読みたい。。。

    国書刊行会のPR
    「1812年、スペインに侵攻したナポレオン軍に対し、ラ・ビスバル市ではゲリラによる反攻計画が噂されていた。民衆から偶像的崇拝を受ける謎の人物ボリバル侯爵が、叛乱の口火を切る三つの合図をゲリラの首領に授けたことを察知した占領軍は、これを阻止しようとするが……。 『夜毎に石の橋の下で』のペルッツが、ナポレオン戦争中のスペインを舞台に、巧緻なプロットと驚異のストーリーテリングで読者を翻弄、ボルヘスが絶賛した幻想歴史小説。」

    ボリバル侯爵 - DTI
    http://www.green.dti.ne.jp/ed-fuji/Perutz-Bolibar.html

全8件中 1 - 8件を表示

レオ・ペルッツの作品

ボリバル侯爵を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボリバル侯爵を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボリバル侯爵の作品紹介

1812年、スペインに侵攻したナポレオン軍に対し、ラ・ビスバル市ではゲリラによる反攻計画が噂されていた。民衆から偶像的崇拝を受ける謎の人物ボリバル侯爵が、叛乱の口火を切る三つの合図をゲリラの首領に授けたことを察知した占領軍は、これを阻止しようとするが……。 『夜毎に石の橋の下で』のペルッツが、ナポレオン戦争中のスペインを舞台に、巧緻なプロットと驚異のストーリーテリングで読者を翻弄、ボルヘスが絶賛した幻想歴史小説。

ボリバル侯爵はこんな本です

ツイートする