モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松崎之貞
  • 国書刊行会 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336058751

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本年のノーベル文学賞に輝くフランスのユダヤ系作家パトリック・モディアノ。その受賞理由は――「人間の捉えがたい運命を呼び覚まし、ナチス占領下の社会を明らかにした〈記憶の芸術〉」とされた。本書はそうしたモディアノの〈人〉と〈文学〉についての日本初の本格評論! 「私は何者か」「家族とは何か」「占領下パリのユダヤ人」といったテーマを通じ、ミステリー仕立てで、現代の定かならぬ〈生〉と〈愛〉を語り続けるモディアノ世界の全容に迫る。平易な文体でありながら、きわめて洗練された物語世界は、読みはじめたら病みつきになる魅力をもつため、「モディアノ中毒」という言葉もあるほどだ。未訳20作も含めた「全作品梗概」も付す。

全1件中 1 - 1件を表示

松崎之貞の作品

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学の作品紹介

本年のノーベル文学賞に輝くフランスのユダヤ系作家パトリック・モディアノ。その受賞理由は――「人間の捉えがたい運命を呼び覚まし、ナチス占領下の社会を明らかにした〈記憶の芸術〉」とされた。本書はそうしたモディアノの〈人〉と〈文学〉についての日本初の本格評論! 「私は何者か」「家族とは何か」「占領下パリのユダヤ人」といったテーマを通じ、ミステリー仕立てで、現代の定かならぬ〈生〉と〈愛〉を語り続けるモディアノ世界の全容に迫る。平易な文体でありながら、きわめて洗練された物語世界は、読みはじめたら病みつきになる魅力をもつため、「モディアノ中毒」という言葉もあるほどだ。未訳20作も含めた「全作品梗概」も付す。

モディアノ中毒 パトリック・モディアノの人と文学はこんな本です

ツイートする