新編・日本幻想文学集成 第1巻

  • 38人登録
  • 1レビュー
制作 : 安藤 礼二  山尾 悠子  高原 英理  諏訪 哲史 
  • 国書刊行会 (2016年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (756ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336060266

新編・日本幻想文学集成 第1巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旧版(全33巻)を増補して全9巻に再編集した新編の第1巻。収録作家は安部公房、倉橋由美子、中井英夫、日影丈吉。
    安部公房『デンドロカカリヤ』が雑誌掲載版であったり、倉橋由美子が『貝のなか』から始まったり、収録作はマニアックなものから割と知られているものまで万遍なく選ばれているような印象(中井英夫はちょっと偏ってるか?)。
    全9巻、完結するのが楽しみだ。
    但し本は重いw

全1件中 1 - 1件を表示

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ステファン グラ...
アンナ カヴァン
山尾 悠子
乾石 智子
ステファン・グラ...
ピエール ルメー...
村田 沙耶香
ミック・ジャクソ...
ブラッドフォード...
有効な右矢印 無効な右矢印

新編・日本幻想文学集成 第1巻を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新編・日本幻想文学集成 第1巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新編・日本幻想文学集成 第1巻の作品紹介

幻視の作家たちが備える幻想の特質をあますところなく伝える、ユニークな文学全集! 明治以降現代までの物故作家の中から、幻想文学の小説家として重要な作家を選出し、全33巻構成で集大成した《日本幻想文学集成》。その旧版を4ないし5作家ごとに1冊にまとめ、さらに新たな作家4人を追加した増補巻1巻とあわせた全9巻を《新編》として刊行いたします。 計13人の編纂者が各作家を担当する責任編纂制で、文庫等に未収録の埋もれた名品、知られざる傑作も数多く収め、また、各巻には編纂者による斬新な解説も収録。

●安部公房 [1924-93]
安藤礼二編
ふしぎな植物に変身したコモン君の話「デンドロカカリヤ」(初出雑誌版)。奇妙な味の恐怖小説「家」。文明批評的SF「鉛の卵」。『砂の女』の原型作品「チチンデラ ヤパナ」。ほか、「カーブの向う」「詩人の生涯」「ユープケッチャ」の全7編の小説。言語論の極北「クレオールの魂」と「砂漠の思想」の2評論も併録。

●倉橋由美子[1935-2005] 
山尾悠子編
KとLの眼の前で卵から生まれた両性具有者は内部に暗黒の宇宙を孕んでいた……(「宇宙人」)。内側へ内側へと下降螺旋をえがく寂滅の図書館の幻想「ある老人の図書館」。ほか、「囚人」「夢のなかの街」「隊商宿」「白い髪の童女」「虫になつたザムザの話」「アポロンの首」等全10編。

●中井英夫[1922-93]
高原英理編
世界一小さな密室に閉じこもる少年たちと月光魔人の話「卵の王子たち」。中世趣味・ゴシック嗜好が横溢する「薔薇の縛め」。現代から昭和初期へと逆流する時間を描く「星の砕片」。ほか、「火星植物園」「影の舞踏会」「薔薇の獄」「薔人」「幻戯」「日蝕の子ら」「銃器店へ」「夕映少年」等全14編。

●日影丈吉 [1908-91]
諏訪哲史編
破格のグロテスクと狂ったユーモアが全編を覆う「ある生長」。南仏の架空の町ヨンの時計塔を舞台にした「猫の泉」。怪談「浮き草」。ほか、「屋根の下の気象」「墓碣市民」「山姫」「こわい家」「壁の男」「さんどりよんの唾」「硝子の章」「かぜひき」「角の家」等全15編。

新編・日本幻想文学集成 第1巻はこんな本です

ツイートする