エラリー・クイーン 推理の芸術

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Francis M. Nevins  飯城 勇三 
  • 国書刊行会 (2016年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336061027

エラリー・クイーン 推理の芸術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新聞の書評で知って借用。しかし厚すぎて,通勤に持ち歩くと重いし,ほとんど読まずに返却。

    しかし,エラリー・クイーンってほとんど読んだことなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ポール オースタ...
ウンベルト・エー...
ヴィクトール・E...
恩田 陸
ニック・レーン
有効な右矢印 無効な右矢印

エラリー・クイーン 推理の芸術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エラリー・クイーン 推理の芸術を本棚に「積読」で登録しているひと

エラリー・クイーン 推理の芸術の作品紹介

1929年、『ローマ帽子の謎』でデビュー、「読者への挑戦」を掲げた本格ミステリ〈国名シリーズ〉で人気を博したエラリー・クイーンは、フレデリック・ダネイとマンフレッド・リーという従兄弟同士の合作作家だった。二人はバーナビー・ロスの別名義で『Xの悲劇』以下の四部作を発表、さらにミステリ専門誌《EQMM》を創刊、ラジオ・TVにも進出し、40年以上にわたって数々の名作を送り出し、「アメリカの探偵小説そのもの」と評された。
本書はクイーン研究の第一人者が資料や関係者証言を収集し、偉大なミステリ作家のデビューから晩年までの軌跡をたどったエラリー・クイーン伝の決定版である。前著『エラリイ・クイーンの世界』を大幅改訂増補、激しい応酬が展開された合作の内幕をはじめ、代作者問題、60年代に量産されたペイパーバック・オリジナル等、初めて明らかとなる新情報を盛り込んだファン必読の評伝。詳細な書誌・邦訳リストなど付録も充実。図版多数。

エラリー・クイーン 推理の芸術はこんな本です

ツイートする