慶応大学マインドフルネス教室へようこそ!

  • 27人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 樫尾直樹
  • 国書刊行会 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336061331

慶応大学マインドフルネス教室へようこそ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マインドフルネスはアメリカで瞑想から発展したもの。
    少し前にニュース等でよく取り上げられていた。

    1日10分、自分の呼吸と共に体の各部をボディスキャンし、自分に集中することで、心を解きほぐす。

    ストレスとは「気散じ」から生まれるもので、自分以外の物事に気を向けることで、それに対する思いや感情により、心と体が分離してしまう状態をいう。自分以外に気を向けずに、自分の内面に気を向けることで、緊張状態をやわらげ、リラックスできるとのこと。

    書いてある内容が明快で、すぐに読める。
    内容もシンプルでわかりやすい。
    説教臭くないのもよいところ。

    書いてあるとおりのことを実践してみたが、まだ1回しかやれていないので、正直きちんとできているか自信がない。
    心がリラックスというより、眠気に襲われてしまったが、これはリラックスしているということ、試した時間が深夜だったというのもいけないのかも。

    毎日やってみようと思いながら先延ばしにしている自分に気付き、1日10分という時間をとることすらおっくうになっていることが気持ちに余裕をもてない原因だなと思った。
    なるべく無の自分の時間を確保するということに意味があると考え、今後ものんびり実施する時間を狙いたいと思います。

  • 【Health】慶応大学マインドフルネス教室へようこそ! /樫尾直樹 / 20170731 (63/659) <158/81529>
    ◆きっかけ
    ・日経広告

    ◆感想
    ・ボリュームがなく平易に書かれており、手軽。
    ・一日10分の瞑想はやってみよう。ボディスキャンもトライ。

    ◆引用
    ・ストレスの根本原因=気散じの緊張(普段、いろいろなことに気が散ったまま生活している)と気疲れ(好奇心は多少満たされるが)
    ・ストレスのないリラックスした状態は、心と身体が分離しておらず、身体の中に留まって一つになっている状態。
    ・瞑想:ストレスの根本原因である気散じという緊張を解く鍵。心の筋トレ
    ・ボディスキャン:2呼吸している間、各部位に意識を向けて、しっかり感じる。一日十分(前半ボディスキャン、後半鼻呼吸)
    足裏、足の表、すね、ふくらはぎ、膝まわり、ふともも、腿の裏、おしり、下腹部、お腹、胸、背中、手、腕、ひじまわり、二の腕、肩、首後ろ、首n前、アゴ、口、鼻、ほお、耳、眼、額、後頭部、脳、頭頂
    ・通勤中、散歩中は足の裏意識して瞑想
    ・何かしようとするときに、ワンブレスおく。
    ・就寝前のボディスキャン:足裏から頭頂まで波が身体をなでていくように一気にスキャン。頭頂まで行ったら、逆に吐く息とともに、頭頂から足裏までスキャンしながら脱力。
    ・マインドフルネスで全体を俯瞰できるタカの目を持つ。
    ・身体や呼吸という自分の中に起こっていることにしっかりと気付けるようになると、そこから自分のものの感じ方や考え方について、除々に気付けるようになる。感情マネージメントも出来るようになる。
    ・不動心(ぶれない、おれない、あせらない)を持てる。

  • マインドフルネスは心の筋トレ。

  • ・待っているときにマインドフルネス

全5件中 1 - 5件を表示

樫尾直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
三浦 しをん
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
北野 武
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

慶応大学マインドフルネス教室へようこそ!の作品紹介

ストレスが減り、勉強や仕事のパフォーマンスが上がる!
 いま話題のマインドフルネスを手軽に始めよう。
 慶応大学・樫尾先生が教える「これなら続けられる」入門編。

 今や世界的大企業が採用するマインドフルネス。そのストレス低減や集中力アップという効果に、世界が注目しています。
 ストレスの根本原因は気が散っていること。自分の外に向かっている心の動きを内側に向ければ、毎日をスッキリと過ごせるはず。
 本書ではマインドフルネスの基本をやさしく解説し、日常のちょっとした場面への応用もお伝えします。

  【本書で取り上げるマインドフルネスの効果】
 ・集中力アップ → 問題解決のパフォーマンス向上
 ・自分のからだや呼吸に集中 → 自分の強みを自覚できる
 ・呼吸が深くなる → 新陳代謝が活発になる
 ・リラックスする → 免疫力が上がる
 ・心が余計な物事を追い求めなくなる → 幸福感が増す
 ・他人のことを自分のことのように思える → 人間関係が良くなる
 etc……

慶応大学マインドフルネス教室へようこそ!のKindle版

ツイートする