ゆりくまさん

  • 30人登録
  • 3.79評価
    • (3)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 立原えりか
制作 : 牧村 慶子 
  • 国土社 (2002年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (78ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337030121

ゆりくまさんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちいさいときに読んでもらってからずっと、なにかあると読み返していました。中学生、高校生になってからも。

    私の心のささえです。

  • この絵本はものすごく幼稚園児の私をワクワクさせました!
    内容はあまりに昔ではっきり思い出せないのですが、くまのぬいぐるみがしっかりと意志を持ち、あいらしくて、こんなぬいぐるみが私のところにもいたらいいのに…と思っていました。

  • 立原さんの作品が好きだ。
    絶版になってしまった著作も多いなか、これは版を重ねられ現在でも購入できる。
    人気なのかな?と思い、やっと図書館で借りた。

    真夜中の練習のたまもので、歩いたり人間のことばを話す、デパートの売れ残りのぬいぐるみ・ゆりくまさんは、買ってくれる人を待つことをやめて、自分の好きな人のところへ行こうとする。
    小さくてかわいい女の子をトランプ占いで探すと、カエデ町のマリちゃんだという。

    はじめは『くまのコールテンくん』っぽいな、と思ってしまい、おわりには『こんとあき』っぽいな、と感じる。
    読み終わってから検索したところ、『ゆりくまさん』の初版のほうが1971年で古かった!
    あかちゃんの不思議な力を話に加えているのが、おもしろい。
    大人にはわからないこともあるはず。
    絵本よりも長い童話の連作短編集になっているので、読み聞かせには幼稚園児に、一人で読むには小学校低学年に向いているのではないかと思う。
    良くも悪くも絵が印象的で、読み始める前には、もっとダークなおはなしかと思っていたら、違った。

  • 真夜中のデパートから抜け出して・・っていうはじまりなので
    読んだことあるかと思ってしまった。

    くまのぬいぐるみのゆりくまさん
    歩く練習も話す練習もして、デパートの本屋の本もよみつくしちゃったので
    お友達になる女の子(赤ちゃん)をさがしにまちにいって
    見事赤ちゃんはっけん!
    それからいろいろ冒険

    ねずみに赤ちゃんがかじられそうになるおはなしがこわかった・・!
    どきどき

    かわいいお話
    絵もかわいい

全4件中 1 - 4件を表示

立原えりかの作品

ゆりくまさんの単行本

ツイートする