七草小屋のふしぎなわすれもの

  • 26人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 島村木綿子
制作 : 菊池 恭子 
  • 国土社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337330627

七草小屋のふしぎなわすれものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 七草ケ岳の中腹に建つ、こじんまりとした山小屋、七草小屋。
    冬の間、一人で小屋を守ることになったアルバイトの草介。
    整理をしようと出してきた「わすれもの」たちを手にしたとき、草介に不思議な出会いが訪れる。
    動かない目覚まし時計、かざぐるま、鹿の描かれた銀色の水筒、陶のオカリナ、おはじき大のたまご色バッヂ。
    クスリとしたり、物悲しくなったり、ほっこりしたり。
    そして爽やかな読後。

    スプーンですくったら、青いゼリーがとれそうな、くっきりとすんだ空。
    胸の奥が、まきストーブに火をつけたようにじんわりとあたたかくなる。
    風がつくりだすけものの音に耳をすます。
    りんどう色に染まる空。
    つめではじくと、すきとおった音色がしてきそうな、りんとした青空。
    七草ケ岳や山小屋の描写が時に美しく時に厳しくて、山独特の澄んだ空気が漏れ出てくるよう。
    山で人に出会ったら、たまご色のバッヂをつけていないか探してしまいそう。

  • 低学年、中学年から。
    課題図書。
    山小屋である七草小屋で起こる不思議な出来事。
    動物も出てきて良かったです。

  • 七草小屋のわすれものがひきよせる不思議な出来事、6つ。
    草介が小屋番を頼まれてから、草介にふしぎなことにであう。

    いつかの課題図書のもよう。
    優しくて温かくて私は好きなお話ばかりだったけど、大人っぽいので子どもにはどうなのかなあとおもう。

  • 意外と大人目線で書かれた児童書。山の話はやっぱりいいね。

  • 山小屋でアルバイトをしている草介は、この冬一人で仕事をまかされました。

    ある日、忘れ物の箱の中の目覚まし時計がとつぜん鳴り出しました。
    今まで鳴らなかったのに、と不思議に思っていたところに、ずんぐりした
    男の客があらわれ、「きのう鳴っていた目覚まし時計をもらえませんか」
    と言ってきました。
    そのわけは・・・。

    忘れ物の箱の中身にかかわる不思議なお客が、次々とやって来ます。

  • 「中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚」
    中学生のうちにぜひ読んでおきたい205冊、ブックリスト。
    物語・小説ー初・中級編ー
    016

  • 草介は七草小屋で忘れ物の箱を見つけました。

  • 七草小屋で起こる不思議なできごとのお話です。
    動物や自然が中心で擬人化されたり楽しいです。
    挿絵も優しい感じで七草小屋に行ってみたくなります。

  • またまた同じく高学年向けの課題図書です。純粋の日本製、児童向けのファンタジーって感じですね。高学年向けですが、中学年でもよさそう。アニマシオンもしやすいかな〜。

全9件中 1 - 9件を表示

島村木綿子の作品

七草小屋のふしぎなわすれものはこんな本です

ツイートする