わたしの絵本論―0歳からの絵本

  • 26人登録
  • 3.91評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 松居直
  • 国土社 (1981年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337450080

わたしの絵本論―0歳からの絵本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕が生まれる前に、絵本について書かれた一冊。親の子への心のこもった言葉が、子供の成長にとっていかに大事か、よく分かる一冊。また著者の子どもへの愛情がとても感じられる一冊。

  •  以前、松岡享子さんの書かれた『えほんのせかい こどものせかい』という本を読みました。本当に絵本を大切にされた来た方が、思い入れたっぷりに絵本について語る、とても感銘したのを思い出します。

     そういう意味でこの松居直さんも、絵本への愛情たっぷりに絵本論を展開しています。

     第2章の絵本のすすめでは、絵本の与え方、選び方が解説されています。これから子育てを始めるという方には必読です。

     また、私は第4章の世界の絵本スケッチもとても楽しく読みました。イギリス、ドイツ、インド…次々に紹介される海外の絵本は、ぜひ現物を手に取ってみたくなりました。日本でも手にすることができるのでしょうか。

     p.199で、「教育は、本来家庭で、父親と母親が責任をもって行うべきもので、専門の教育を教育専門家におまかせするものです。家庭での教育層任を放棄して、子どもの教育を他人様にまかせて文句をいうことは、まったく身勝手です。保育者は断固として、家庭でやるべき教育を押しっけられることを拒否してしかるべきでしょう。家庭で親がやるべきことをやって、初めて保育者や教師という専門家の教育を受ける資格と能力のある子どもになるのです。」と言っています。

     教育関係者としては全く同意見ですが、私も親としては耳の痛いところです。これからも、よい絵本で、子どもたちに語りかけていきたいと強く思いました。

  • 各国の絵本についても

  • 絵本の魅力、子どもを育てる素晴らしさが
    とても温かみのある言葉でつづられている。
    美しい日本語で、読んでいて心が洗われる。
    2009/11/9 図書館

  • 絵本のすばらしさを改めて認識した。
    娘との絵本の読み聞かせを続けているが、さらに続けたい。
    絵を読んで、絵本を子どもの気持ちで理解できるように、がんばる気持ちになった。

    2008年05月19日読了。

  • お子さんに関わる人全ての人に役に立つ本です。

全6件中 1 - 6件を表示

松居直の作品

わたしの絵本論―0歳からの絵本はこんな本です

ツイートする