しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)

  • 74人登録
  • 3.84評価
    • (6)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 横溝英一
制作 : 横溝 英一 
  • 小峰書店 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338006538

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013/2ごろにBookoffにて購入
    2歳になりたてでこんな長い文章の絵本は始めてだけど、大好きな新幹線がたくさん出てきたので集中して聞けました。

  • 5歳児に読み聞かせ。

  • あまり好みではないのだけど、次男、大変気に入ってます。。

  • みにぴ ミク氏 2011.09.10

  • 小田原→東京→名古屋→小田原、と、東海道線と新幹線を駆使して、700系に乗って帰ってくるお話。今はともかく、この本が発売された頃はのぞみとしてしか利用されていなかったのでしょう。今は、こだまでも利用されるときがあるくらいですから。旅を頑張れ!って応援しながら読み進めました。

  • ぼく4年生、いとこのたかしは2年生。
    ぼくらが考えた作戦は、おじいさんからもらった旅行券であこがれの「のぞみ700」に乗って名古屋にいくこと。
    新幹線に往復で乗るお金はないので、「のぞみ700」で名古屋へ行き、帰りは各駅停車で帰ってくる作戦。

    心躍る「のぞみ700」での名古屋の旅…だったはずですが、徐々に心細くなる帰りの電車。2人の大作戦、どうなる?

    小学生2人だけの初めての小旅行…期待と不安、友情、成長をえがいた絵本。
    兄貴分のぼくが、不安を感じながらも、年下のたかしを引っ張って作戦をやり遂げた満足感が伝わります。

    東京駅に並ぶ新幹線をはじめ、各駅停車のいろいろな電車が出てくるので、小学生だけでなく、電車好きなら小さい子も楽しいと思います。

  • 乗り物好きな子にはたまらない♪男の子二人だけで新幹線に乗って名古屋まで。帰りは普通列車を乗り継いで小田原まで帰ってくる。まるで自分もいっしょに旅しているかのようにドキドキワクワク感じることができる♪

  • 息子は2歳の頃から大好きです。絵本の中のセリフで覚えてしまっている所がたくさんあります。最近(3歳)では文字を目で追うやり方ではありませんが、覚えている範囲で自分で声を出して読んだりしていますよ。インチキな部分は多いですけど(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

横溝英一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
竹下 文子
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする