平家物語<上>

  • 11人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小前亮
制作 : 広瀬 弦 
  • 小峰書店 (2014年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338081542

平家物語<上>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平家が平治の乱の後から最盛期までのお話。
    昔から、たくさんの人が戦で死んでいるんだなぁと思った。

  • いつか平家物語をきちんと読んでみたぃと思いつつ、
    なかなか程よぃ書物にめぐり会わずにきまひたが…、
    今回、たまたま、児童書のコーナーを覗いたところ、
    児童書として、上下巻で発刊されておりましたので、
    お試し気分で、初めて読んでみまひた…。

    上巻は、全12巻のうち、巻第九の木曾最期まで…。
    (祇園精舎の鐘の声…~木曾義仲の討ち死にまで…)

    さすがに、完訳とまではなっておりまてんが…、
    児童書とは思えなぃほど、しっかりと書かれており、
    (その分、高学年で、なんとかギリギリ読めるか…)
    また、有名なエピソードはきちんと網羅されており、
    平家物語初心者としては、十分に満足しておりまふ。

    何より何より、
    人名や固有名詞、平安文化の描写を表す漢字は、
    その読解が、とっても難しぃところですが…、
    ほとんどの漢字にフリガナがふってあるのが、
    児童書らしく、また、とても有難ぃところ…。

    また、現代語訳独特の、教科書的な文体ではなく、
    児童書らしく、とても読みやすぃ文体でありつつ、
    その一方で、昔の言い回しも、程よく残しており、
    結構いい感じです。
    本書は、当たり!だったかも…。

    本書の上巻と下巻では、原典の割合と異なりまふが、
    どぅやら、下巻では、義経記からも一部を引用して、
    義経の活躍や生涯に、力点を置くみたぃ…。
    引き続き、下巻が楽しみでふっ!

全2件中 1 - 2件を表示

小前亮の作品

ツイートする