しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)

  • 92人登録
  • 3.86評価
    • (13)
    • (13)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 斉藤洋
制作 : 高畠 純 
  • 小峰書店 (1992年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338089104

しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても気のきいた、陽気な文章だと思います。「CDラジカセ」がだんだん子供に説明しにくくなるかも。斉藤洋さん大好き。

  • ほのぼのと、楽しく、可笑しく、すっとぼけ。
    なんだかくせになるゆるい掛け合いにハマってしまい、
    すぐにまた読み返してしまいました。
    街で二人並んで佇むバックショット(丸い大きな背中)に哀愁。
    しろくまだって、やりたいこと、いっぱいあるよね。

  • 斉藤 洋 作
        高畠 純 絵
       小峰書店 (1992/07)
          (新しいこどもの文学)

    『ルドルフとイッパイアッテナ』が猛烈に好きです

    このしろくま兄弟もいいではないですか
    淡々とした文でぐいッと惹きつける斉藤 洋さん 
    最近は幽霊っぽいものでしょうか?
    (読んでいないのですが)

    高畠 純さんの絵とあいまって ほのぼの楽しい読書タイムでした

    ≪ あれこれと しろくまだって やりたいよ ≫

  • こちらを先に読むべしでした。
    しろくまだって、人間の言葉が話せるし文字だって読める。
    しろくまだって、働いておかねを稼げる。
    しろくまだって、テレビや遊園地やプロレスが好き。
    二匹、いやいや二人の兄弟の掛け合いが面白い。あと挿絵が絶妙。

  • しろくまの兄弟は、言葉が話せるので、誰もがぬいぐるみを着た人間だと思います。
    そのため、2人は宅配便屋さんで働きます。
    レスリングにも挑戦します。

    こんなステキな2人の話、映画になるといいかもしれません。
    それも、実際の熊の印の宅急便屋さんの支援で。
    ちょうど、魔女の宅急便が、クロネコ(黒猫)ヤマト(大和)の宅急便の提供者(スポンサ)だったのと同じように。

  • しろくまだって。内容はすっかり忘れてしまったけれど、タイトルだけは覚えています。小学校低学年のころに図書室で借りました。絵本を除く自分の読書歴史の中で、もっとも古い記憶にある作品です。

  • みにぴ 2011.06.04

  • すっとぼけたキャラクターと、これからこのしろくまたちどうなっていくのだろうと思わせる設定と展開がいいですね。

  • 昔読んだような

    カナダのしろくまの兄弟が町に出てきて暮らす話

    人間の言葉が喋れるから
    怪しまれない

    いいなぁ
    荷車で宅配便で
    土日休みで人気者

    こういう暮らししたいな〜(笑)

  • 図書館で借りました

全10件中 1 - 10件を表示

斉藤洋の作品

しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

しろくまだって―White Bear Brothers (新しいこどもの文学)はこんな本です

ツイートする