ゆきのひのおはなし (かこさとしのちいさいこのえほん)

  • 30人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : かこさとし
  • 小峰書店 (1997年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338100045

ゆきのひのおはなし (かこさとしのちいさいこのえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Thema 冬、雪、冬の遊び、雪の遊び、物語絵本

    全体は前半と後半に分かれていて、前半は雪が降った日の子供の遊ぶ様子。雪だるまを作って、雪合戦をして、相撲をとって、そりすべり。
    後半がこの物語の面白いところで、雪だるまたちが、子供たちの遊びを真似してゆく。そして、オチ。
    優しい絵と易しい言葉で描かれているから、それなりのページ数はあるけど、まぁ幼い子でも聞けるかな?

  • 雪の日に男の子や女の子、動物たちが雪合戦をしたり、相撲を取ったり、ソリで遊んだり、雪だるまを作って遊んだ。
    その夜、本人たちにそっくりの雪だるまたちも男の子たちがしたのと同じ遊びをした。
    翌日、男の子たちが昨日の場所に行くと、雪だるまの姿はなく、少し行ったところに壊れたソリと全部くっついた雪だるまがあった。
    でも、どうしてそうなったのか男の子たちには分らない。

    何となく、前に読んだことあるような気がする。
    微笑ましい。

  • ゆきがふると何して遊ぼうかわくわくする気持ち
    いつまでも大切にしていきたいですね。

  • かこさとし大好き!

全4件中 1 - 4件を表示

かこさとしの作品

ゆきのひのおはなし (かこさとしのちいさいこのえほん)はこんな本です

ツイートする