ダンボールくん (世界の絵本コレクション)

  • 25人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : J´er^ome Ruillier  しまだ かんぞう 
  • 小峰書店 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338126267

ダンボールくん (世界の絵本コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらっと読んでしまえば子供向けの何てこともないナンセンスなお話。でも、実はとても深いテーマと作者のメッセージが潜んでいる感じがする。「ダンボールくん」っていう題名からして擬人化しているしホームレスを想像させる。ラストの海のシーンは映画「ショーシャンクの空に」のラストを思い出した。

  • ダンボールは絵で書かれているのではなく、クラフト紙のような質感の紙が(写真で)使われている。

    街の片隅のダンボールくんは一人ぼっちで寂しかった。
    車にひかれたりするとボロボロになってだれも見向きもしない。
    そんなとき、一人の男の人が一緒に来ないか、と。
    その人も1人だったのだ。
    帽子になったり、毛布になったり、屋根になったり…。
    おじさんが寂しいときは、飛行機になって、海へ。

    最後の、「海へ」が意味深だったなぁ。
    本当は小さいダンボールなのに、大きな家までなってしまうところが面白い。

  • 2010年11月5日

    <Petit Carton>
      
    装幀/稲川弘明

  • ちょっと凹凸のある表紙
    中のイラストもダンボールの切り絵かな。おもしろいです

    見慣れたダンボール
    ゴミ?いえいえ
    なんか切ないストーリー

    著者はフランスで〈人種差別、環境、ホームレス、日常に隠れている哲学的な問題などをテーマにしながら、上質のユーモアあふれる軽やかで明るいファンタジー絵本作家として知られています〉とのこと

    ≪ 君となら 海へも行ける ダンボール ≫

全4件中 1 - 4件を表示

ダンボールくん (世界の絵本コレクション)の作品紹介

ダンボールくんかぜにだかれてたかいそら。しろいくもが、うかんでる。ちょっぴりさびしい。そんなとき、あたたかいきもちになれるダンボールくんのものがたり。

ダンボールくん (世界の絵本コレクション)はこんな本です

ツイートする