小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)

  • 46人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 堀川 理万子  Erich K¨astner  榊 直子 
  • 小峰書店 (1996年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338133012

小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル作品と「おかあさんがふたり」の短編2作品。『飛ぶ教室』のまえがきで「子どもの涙が大人のより小さいということはないし、ずっと重いことだってある」(訳者あとがきより引用)とありますが、大人になっても、子どもがただ無邪気に夢見て過ごしているのではない事を教えてくれます。子ども向けと言うより、子どもに関わる大人に読んで欲しい。

  • 授業の発表の参考文献にするか迷ったものの、結局読んだだけに終わりました。ケストナーの子ども観は大人になってしまった今も、忘れてはいけないものですよね。

  • 子どもには子どもの事情があって、その涙も十分重いんだよな。
    大人の自分たちはそれを心に留めておかなきゃいけない。

  • ケストナーを読むなら岩波のケストナー少年文学全集。これはあまりぴんとこなかった。

  • 短編集。2編の短編が入ってます。病気で入院しているお母さんのお見舞いに隣町まで1人で訪ねていく少年のお話とお母さんが亡くなって新しいお母さんが来るのだけどどうしても素直に受け入れることができない少女のお話。どちらも最後にはちょっぴりホロリときます。

  • ケストナーに出てくる大人はいい人ばかり。その分、子供はシビアで全力で生きなきゃならない。
    エーミールの友達だったころには気づかない、ケストナー側に立ったときに見えることがある。

  • 「母親」をめぐる2つの掌編は、ケストナーが児童文学を書き始めた頃の作品らしい。「甘いケーキのような子供の本は書きたくない」と語っていたようだが、確かにこの掌編、カカオ濃度の高〜いビターチョコレートって感じだ。
    子供が直面する厳しい現実。それは母親が絡んでいるからこそ、何だか読む側も切ないのだが、厳しいまま描いているのに息苦しくもなく、ベタベタでもなく、読後いろんなことを考えさせられる。ケストナー自身がどんな背景で、何を想いながらこの作品を書いたのかということも知りたくなる。
    ケストナーの児童文学はまだちょっとしか読んだことがないので、これを機に色々読んでみたくなった。
    堀川理万子さんの挿絵もとてもよかった。一歩間違えば暗くなりそうな物語をうまく彩り、子供たちもとっても愛らしかった。

  • ケストナーさんの作品はもう毎回ぐっときます。2本目の女の子が人形に聞かせる物語なんかとっても胸にぐっときます。本当に子供の涙が小さいとは限らないですよね。

全8件中 1 - 8件を表示

エーリヒ・ケストナーの作品

小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ)はこんな本です

ツイートする