うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)

  • 77人登録
  • 3.79評価
    • (8)
    • (9)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : はた こうしろう  Ulf Stark  菱木 晃子 
  • 小峰書店 (1996年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338133036

うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うそつきの天才、可愛い表紙が気になって読んでみた。うそをつく=想像力豊か 確かに!
    色んなうそを創造して行動するウルフを見ていると面白くて、人を傷つけない、おかしみがあるうそは良いなと思った。
    作文で競争する話のオチにはまんまと引っかかった。

  • ウルフスタルクは好きなんだけど、これはどうかな?いま一歩かな。

  • 嘘つきはドラマチック。リズムよく読める。

  •  13歳のウルフは、数学のテストで落第点を取り、親に見せずにパパの字をまねてサインをする。ところが、それを先生に見つかってしまう。パパとママになんて話す?ウルフは、家に帰らないことを決意!というのが表題作「うそつきの天才」。「シェークvsバナナ・スプリット」では、ウルフは14歳。ライバルと作文で勝負。でも、やっぱりうそつき…。

  • すごく共感できる話。作文の話が好き。

  • おー!
    面白かった^^

    はたこうしろうさんのかわいい絵とタイトルにひかれて手にとったけど当たりでした

    スウェーデンの作家の自伝的短編集、だそうで

    うそつきの男の子13歳が嘘がバレるのがいやで家出してひもじい思いもして
    二度と嘘はつかないって言ったのに
    最後はクラスメートに意気揚々と嘘をついてる(笑)話と

    14歳になって文学にめざめ
    クラスメートで作文のスターと作文競争をはじめる話

    嘘がうまいってことは
    想像力があるってことで
    いい方向に伸ばせばすばらしい才能なのだなぁという感じ

    「身近に起きたことをそのまま書けばいい。」「作文を読んでいて、その気持ちが実によく伝わってきた」
    って先生が褒めるけど
    ページをめくったら
    「ほんとうは、犬を飼ったことなんて一度もない」
    って書いてあって

    なんか「いいなぁ!」って思いました^^

  • 「もう、うそはつかない」と誓いながら、しょうこりもなく友達の前で作り話をひろうするウルフ少年。自称「うそつきの天才」は、やがて文学にめざめ、作文の時間に才能が開花する。少年時代をユーモアたっぷりに描く自伝的短編。

  • 8APR2009
    23MAR2009 もう一回予約済み T
    21MAR2009 もう一回借りたい(←瑛実より)
    8FEB2009   借りた
    2FEB2009 1番目/12冊

  • 「もう、うそはつかない」と誓いながら、しょうこりもなく友達の前で作り話を披露するウルフ少年。この自称<うそつきの天才>は、やがて文学に目覚め、作文の時間に想像力豊な文章をものすようになります。…

    ☆軽快に読み進めることが出来る、ウルフ・スタルクの自伝的とも言える作品。
     小学校高学年〜向け。

  • 嘘を吐くことから文学の才能を目覚めさせたような少年のおはなしでした。

全11件中 1 - 10件を表示

ウルフ・スタルクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
モーリス・センダ...
三浦 しをん
マージェリィ・W...
A.トルストイ
酒井 駒子
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)に関連するまとめ

うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うそつきの天才 (ショート・ストーリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする