ちきゅうはメリーゴーラウンド (まど・みちお詩のえほん)

  • 28人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : まどみちお
制作 : 南塚 直子 
  • 小峰書店 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338135030

ちきゅうはメリーゴーラウンド (まど・みちお詩のえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩に寄り添う絵のタッチや色彩が素敵で、書店でひと目ぼれして購入しました。もちろん、まどさんのやさしい詩も心をなごませてくれます。リズミカルな詩には、拍子を勝手につけながら(すみません^^;)子どもに読んであげたりして楽しみました。(4.5)

  •  まど・みちおさんの詩集。童謡の「一年生になったら」や「ふしぎなポケット」等が入っています。これらの歌をまど・みちおさんが作詞したとは知らなかったので少しびっくりしました。
     絵も、温かいフワフワしたタッチで素敵です。詩との相性もバッチリ。

  • 「いちねんせいになったら」や「ふしぎなポケット」も入っている。光のような挿絵がすてき。

  • このシリーズは、南塚直子さんの画が素敵です。
    まどさんの言葉が種となって、南塚さんの画が花となって咲いています。どこも満開です。

    以下、気に入ったページを書いておきます。
    ・表紙の見返し
    ・かさのうた
    ・そらのはなばたけ
    ・はなび
    ・ふしぎなポケット
    ・ゆきがふる

  • 「一ねんせいになったら」
    「ふしぎなポケット」
    「ぞうさん」
    の詩を書いてるまどみちおさんの詩にかわいらしい絵がかかれている絵本。

    絵という力を借りて世界が広がってる。
    学校の授業でまどさんを知って、なんてピュアで健やかと思った。
    彼の背景には戦争とか宗教とかあるだろうけど、確かなことは愛に満ちていること。
    自然に、地球に、「今」に。

  • おなじみの『いちねんせいになったら』や、『ふしぎなポケット』も収録されています。
    まどみちおさんのやさしい詩が、小さな子たちのこころにもするする入っていくようです。
    南塚直子さんの銅版画も美しく、ちょっと大きな子にもおすすめです。ゆっくり、かみしめながら、詩を親しめると思います。

全7件中 1 - 7件を表示

まどみちおの作品

ちきゅうはメリーゴーラウンド (まど・みちお詩のえほん)はこんな本です

ツイートする