天使のすむ町 (Y.A.Books)

  • 28人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Angela Johnson  冨永 星 
  • 小峰書店 (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338144162

天使のすむ町 (Y.A.Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原題は『Heaven』。Angela Johnsonによる1998年発表作品。
    『Heaven』シリーズの一作目。

  • オハイオ州ヘブン
    その町で暮らす少女
    悩みと成長が温かく描かれている
    まわりの大人たちがいいな
    黒人ということは書かれていないが感じられる
    《 ヘブンでは 小さな希望 はばたいて 》

  • 最初は作者が何を伝えようとしているのか
    よくわからなかったのですが、
    最後まで読むと胸に響くものがありました。

    幸せに暮らしていた少女が、
    突然父親と母親から
    私たちは実の両親ではないという告白を受けます。

    受け入れられない現実に
    戸惑い、怒り、悲しみなど、やるせない感情が襲ってきます。

    そして、
    それでも、今まで通りの愛情で接してくる
    両親、弟、友達、近所の方々、そして
    おじさんと思っていた実の父親。
    愛情あふれる人々に囲まれて生きてきた
    そしてこれからも生きていく少女。

    読後感、爽快な小説です。

    でも途中で投げ出さないよう、薦めるときには
    少しだけあらすじを伝えておこうかな・・・。

  • 凄くよかった!
    皆何かしら悩みや秘密を持って生きているのがいい。
    日常の描写が鮮やかで、特別な色鮮やかさをもっている。
    いいな。

  • 幸せに過ごしたある日、突然自分は両親の子供じゃなかったと知った主人公の物語。

    表紙の絵のようにほのぼのした物語でした。
    ほのぼのって言っても急に両親が本当の両親じゃなかったとわり苦悩する物語ですが。

    主人公の友達の話を書いた本(朝のひかりを待てるから)も出ているそうです。

  • 思春期は自問自答が沢山だ!

  • これはとにかくかわいらしくて優しくてあたたかい本。
    ほんとに何回読み返しても、やさしいきぶんになれる。
    私ってこういう系の話好きなんだな←

  • マーリーは"heaven"という町で家族や友だちに囲まれて穏やかで幸せな日々を送っていたが、そんな日常は、ある時告げられた真実によって激しく揺らぐことになる。ヘヴンがまるで文字通りちょっと浮世離れしたサンクチュアリのような雰囲気。話自体もそこはかとない空気感を伴っていて、私は好き。もっともこれを課題にした読書会では、そのふわっとした雰囲気のせいか、少女のモノローグで進んでいく形もあってか、余白が多くて結局どういうことが言いたい話なのかが不明瞭だと感じる人もいたようだ。これよりは続編(というか姉妹編というか)の『朝のひかりを待てるから』の方が、話の骨格は明確だ。

全9件中 1 - 9件を表示

アンジェラ・ジョンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 京子
有川 浩
ジョーン・バウア...
アレックス シア...
有効な右矢印 無効な右矢印

天使のすむ町 (Y.A.Books)はこんな本です

ツイートする