ゆうひのしずく (えほんひろば)

  • 63人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : しのとお すみこ 
  • 小峰書店 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338180153

ゆうひのしずく (えほんひろば)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひとりぼっちのキリンくん。アリが話しかけてきました。
    「ねえ、きりんくんは、ここでまいにち、なにをしているの?」
    「ただ、見ているのさ」
    アリはキリンの見ているものを、自分の目で見るために、キリンの体を登らせてもらいました。
    とことこ、ちこちこ。

    アリが見たものは海だった。
    キリンが見ているものは、海のむこうだった。むかし、海のむこうでお母さんと一緒に夕日を並んで見ていた。

    アリを降ろしてあげて、足元の花に気がついたキリン。
    「こんなに きれいな花をみたのは、ぼく、うまれてはじめてだ」

    アリは空にまで登った気持ちになった。遠くの海をはじめて見た。
    だからキリンにこう答えた。「あんなに ひろいせかいをみたのは、ぼくも、うまれてはじめてだよ」

    新しい何かを見つけて嬉しい気持ちに
    ぴかぴか ぴかぴか わらう

    視点を変えて見て。一人ではないと気がついて・・・

  • 27年度 (1-2)
    6分

  • アリがキリンの頭にのぼってみると、見たこともない素敵な世界が。キリンもありがみてる地面には花など素敵なものがたくさんあると知る。

  • 2013年8月25日

    ブックデザイン/稲川弘明

  • いつもとは違う視点から見ると、いままで気づけなかったことに気づく・・・そんな絵本。
    違う世界を見ることって大切。

  • 請求記号:Eシノト
    資料番号:020154597
    きりんとありは、ちがうせかいをみて、なにかをみつけた。

  • キリンさんとアリさんのお話。
    視点をかえれば、いろんな世界がみえてくるよ。
    勉強でも、生活のなかのいろんなことでも、人間関係でも。

  • 私が好きなあまんきみこさんの絵本。
    いつも素敵な視点を与えてくれます。

    この本は、「見る高さを変えると、同じ場所にいても見えるものが違うよ」「それぞれの世界に感動があるよ」と教えてくれているようです。

  • 3年生の読み聞かせで
    教科書に出てくる あまんきみこさんの
    作品として 読み聞かせしました。
    ありときりんの目線の違いを
    温かく気づかせてくれる
    奥深い本です。
    「とことこちこちこ」とありがきりんを
    登っていく 言葉の繰り返しを
    子供達は喜んでいました。

  • 新しい発見は、心をピカピカっと輝かせるもの。

全10件中 1 - 10件を表示

あまんきみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
くすのき しげの...
モーリス・センダ...
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
tupera t...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆうひのしずく (えほんひろば)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゆうひのしずく (えほんひろば)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゆうひのしずく (えほんひろば)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゆうひのしずく (えほんひろば)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゆうひのしずく (えほんひろば)はこんな本です

ツイートする