花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)

  • 25人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 新美南吉
制作 : 新美南吉の会  長野 ヒデ子 
  • 小峰書店 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338200059

花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • けっこういい話。
    世界中のどろぼうがこんなふうになったらいいのにな

  • 新美南吉は情緒的な話が有名だけど、それだけじゃない。この本では南吉のユーモアのセンスと、深い人間愛が窺える。
    「花のき村・・・」では盗人の心にもある温かさと、新人盗人の滑稽な失敗がいい味わい。「百姓の足、坊さんの足」は勧善懲悪の物語ではあるけれど、現世においては米を踏みつけたことすら覚えていない坊さんは幸せな人生を全うするところが昔話とは違う。「和太郎さんと牛」も酒を飲むと前後不覚になってしまう駄目人間和太郎さんの心のやさしさがよく出ている。南吉、これで長生きしたら、どんな作品を書いただろうと思うと、改めて早逝が惜しまれる。

  • 盗人になりきれない五人の男衆が織りなす昔話。優しい心に触れると刺々しかった気持ちも和らぎますよね。

  • 平和そのものの花のき村へやってきた盗人5人組。親方は盗人一筋だが、他の4人は盗人なりたてほやほや。つい先日までは別の仕事をやっていた。釜を作る仕事、家の鍵を作る仕事、大道芸めいたことをしてお金をもらっていたもの、大工の息子。そんな4人が花のき村の様子を見に行ったら、それぞれ盗人らしからぬ、おかしなところばかり目に付いて親方はかんかん。こんな5人でうまいこと盗みができるんでしょうか。

    新美南吉さんの作るお話は人間くさくて心あたたまります。親方の涙に涙しちゃいました。

全4件中 1 - 4件を表示

新美南吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
もりやま みやこ
なかがわ りえこ
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)はこんな本です

花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)のオンデマンド (ペーパーバック)

花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)の単行本

花のき村と盗人たち (新美南吉童話傑作選)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする