山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)

  • 17人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鈴木まもる
  • 小峰書店 (2005年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338216012

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 画家で鳥の巣研究家の鈴木まもるさんの「山のくらしと動物たち」、2005.11発行です。608mのバサラ山の中腹で、イノシシ、タヌキ、アナグマ、ウサギ、リス、ヤマネなど沢山の動物たちと触れ合い、池を作り、巣箱を作り、野菜を作りながら山の暮らしを続けている鈴木まもるさんです。

  • 絵本作家鈴木まもるさんの山暮らしエッセイ。子ども向けに書かれているのでやさしいです。ページの上下に描かれてる小さなイラストもすごくかわいい。大人が読んでもすごく面白いです!私も家族で田舎に移り住み暮らしているので共感するところも多かった。

    ボタンを押したり画面をタッチすれば何でもできてしまう時代。オノやカマで木や草を切る、なんていう単純明快な作業はどんどん機械化されて、そんな面倒なことしなくても生きていける。道具を使う(自分がケガをするかもしれない)緊張感みたいなものは忘れ去られていく。ケガをさせたら責任が取れないから、子どもには危ない道具は持たせない、っていう風潮が強くなっているけど、全くそんな危険を経験せずに、痛みもこわさも知らずに育つというのも恐ろしい。痛い、こわい、を経験することも学び。

    っていうところにすごく共感。かく言う私も道具を使うことを学ばずに大人になった一人ですが…。自分の子どもにはこういうことを教えてあげたいな。

  • 目次抜粋
    バサラ山…6ページ
    バサラ山のくらしと動物たち…9ページ
    バサラ山のくらし…17ページ

    ヤマネ…60~64ページ

    ※木の上の蔓のからまった所やヒヨドリの巣にあった、枯葉で作られていた巣をヤマネの巣と推論している。

    2005年11月11日、(株)小峰書店、東京都、全159ページ

  • 『ぼくの鳥の巣探検』『世界の鳥の巣をもとめて』等シリーズあり

全4件中 1 - 4件を表示

鈴木まもるの作品

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)を本棚に「積読」で登録しているひと

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)の作品紹介

山には、たくさん動物や植物が生きている。そのせいいっぱい生きるすがたに、人間はたくさんのことを学び、いっしょに生きる、ということをしんけんに考えます。

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信)はこんな本です

ツイートする