メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)

  • 61人登録
  • 3.96評価
    • (10)
    • (7)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 高桑 幸次  E. Nesbit  灰島 かり 
  • 小峰書店 (2014年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338222112

メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔女の呪いで髪がなくなり、その呪いをとくための魔法で今度は髪がとんでもなくのびてしまったお姫様のお話。
    呪いや髪がのびなくなるまでの過程がとてもユーモラスで面白いです。

  • 昔話風の物語で、算数問題を解かないと姫を救えないという物語。
    問題は面白いのだが、物語としては細部に納得のいかない点などありイマイチ。
    対象は、中学年から。

  • …無敵の算数、か。
    王子もがんばりました。
    でも、これって、欲が深かった?

  •  メリサンド姫は、いじわるな妖精に呪いをかけられ髪が生えてこなくなってしまう。姫が大きくなり、父王の名付け親の妖精がくれた、どんな願いごとでも1つだけかなえてくれるという魔法の小箱に願いごとをする。「1mの長さの金色の髪が生えますように。髪の毛は毎日3cmのび、切るたびに倍の速さで生えますように。」
     出版されたのは最近だけど、100年近く前に書かれたお話みたい。『むてきの算数』という副題はいるの?

  • ブックトーク研修で紹介された本。
    算数からみだが良質なファンタジーとしても成立している。主人公のメリサンド姫が賢くまっすぐでとても魅力的。王様も素敵。
    ちょっとひねった物語が好きな中学年からおすすめの作品。
    100年前に書かれた物語とは思えない古びない良さ。訳も読みやすく、日本の物語と変わらず素直に読める

  • 母親のこども可愛さが招いた騒動ですな。

  • のろいをかけられてつるつるのはげ頭になってしまったメリサンド姫。おきさき様はまほうの小箱に願いました。「1メートルのかみがはえ、切るたびに倍のはやさでのびますように」 すると、かみの毛は切れば切るほどのびてのびて…。のびるのをとめることのできる、かしこい王子さまはあらわれるでしょうか? なるほど!となっとくの解決です。

  • ★★★★★
    ある幸せな国にとてもかわいいお姫さまが生まれました。
    が、悪い魔法使いに呪いをかけられて姫は一生つるつるのはげ頭に。
    年頃になったお姫様は、何でも願いをかなえてくれる魔法の小箱に「私に1メートルの長さの金色のかみが生えますように。毎日3センチのび、切るたびに、倍の速さでのびますように」とお願いを。。
    さて、この後大変なことになりました!!
    ネズビットの楽しい算数物語です
    (まっきー)

  • 髪が倍々に伸びていってしますお姫様を、王子様が救う昔話のパターンを守った楽しいお話。前の日の倍・倍と伸びていくと、あっという間にとんでもない長さ・量になってしまう。それを、算数的発想で救う王子様の登場でハッピーエンド。ネズビットが書いているというところが、またビックリ。挿絵は、合っているというのかなあ?

  • お話はけっこう考えながら楽しく読めた。装丁はもっと昔話風にシックに可愛くできたら印象がかなり変わったと思う。

全12件中 1 - 10件を表示

E.ネズビットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ジョン・クラッセ...
三浦 しをん
柏葉 幸子
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)を本棚に「積読」で登録しているひと

メリサンド姫: むてきの算数! (おはなしメリーゴーラウンド)の作品紹介

むかしむかし、人間と妖精がいっしょにくらしていたころ、ある国にそれはそれはかわいらしいお姫さまが生まれ、メリサンド姫と名づけられました……と、そこまではごく普通のお話だったのですが……。悪い妖精がかけた呪いに、姫と王子が算数マジックで立ち向かう!

ツイートする