語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 小澤 俊夫  オットー ウベローデ  O. Ubbelohde 
  • 小峰書店 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338229012

語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:943.6//クリ//1
    資料番号:10238474
    --------------------------------------

  • グリム童話って面白い。
    この本は読みやすかったな~(´o`)

  • 読みやすい。知らないお話が出てくると嬉しい。
    2巻以降も続けて読んでいく予定。

  • ほぼ字ばかりの本なので、読み聞かせ用です。
    グリム童話が15話収録されています。

    3歳娘が「猫とねずみのとも暮らし」にハマっています。
    そんなに面白いかなぁ?(笑)

    「洗礼」も「聖人カレンダー」も「教会」ですら
    分かっていないはずなのに。
    短くて、衝撃的な終わり方をするから何度も反芻したくなるのかな。

  • 2008.10.18. やっぱりグリム、好き。もうどの話も知ってるんだけど、何度読んでもおもしろい。シュールで残酷な話は特に。この本では、ラプンツェルが塔から髪垂らす時、長い髪を三つ編みにしていない。ほどいてる。こういう小さな違いを見つけると、うれしくなる。

  • 語るためのグリム童話集?〜有名どころとしては,表題作と「おおかみと七ひきの子やぎ」「ラプンツェル」〜残酷な話が多い。子どもに聞かせるには単純な方が良いのかも知れないけど,やっぱり残酷

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

語るためのグリム童話〈1〉ヘンゼルとグレーテル (語るためのグリム童話 1)はこんな本です

ツイートする