きえた給食のなぞ

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 相良 倫子  陶浪 亜希 
  • 小峰書店 (2015年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338296014

きえた給食のなぞの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  氷河期の地球が舞台。
     マンモスとか、まぁその時代に生きてた動物たちが、マンモスアカデミーていう学校に通ってる、て設定なんだけど。
     そのころて、もう人間ていたの?
     いや、はじめ人間ギャートルズとかあるしね、そういう感じ?

     あんまりピンと来ない話だったけど、嫌な感じはなかったかな。

  • ちびっ子がつくるお話しなみに、はちゃめちゃな展開。

    うっほ。うっほ。うっほ。うっほ。
    アホすぎるニンゲンが愉快。

  • 氷河期のころのお話です。
    マンモスアカデミーに通うことになったオスカーは、入学式の日に給食室にまよいこんで、オレンジどろぼうにまちがえられてしまいます。

    足あとから考えると、本当の犯人は、おそろしいニンゲンではないかしら?
    オスカーはそう思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

ニール・レイトンの作品

きえた給食のなぞの作品紹介

大昔、氷河期には、マンモスやサーベルタイガーたちが通う小学校がありました。ある日、給食用のオレンジが盗まれる事件が発生。犯人にまちがえられたマンモスのオスカーは、真犯人さがしを始めます。真犯人はだれだったのでしょう?

ツイートする