真田十勇士3 激闘、大坂の陣

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小前亮
  • 小峰書店 (2016年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338297035

真田十勇士3 激闘、大坂の陣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館より。

    最終巻と知ってるから、なかなか手が伸びず。
    読みたいけど、悲しくなるから読みたくないっていうか。

    一気に読了。
    死に場所を求める男たち。生きる手助けをする忍び。
    誰かが覚えていれば、いい。そう言える主人公。
    真っ直ぐだし、強い。
    楽しく読めた。

  • 守るべきものは――。真田十勇士よ、永遠に!

    そうか、全滅じゃないのか。毛利や後藤又兵衛などの魅力あるキャラクターも加わり、大坂冬の陣と夏の陣。才蔵の秘密とか、それぞれの戦いの意味とか。それにしても、キャラクター紹介ページの麗しさ。実に効果的な挿絵だと思った。で、なぜ表紙が伊佐なんだろう。佐助、才蔵ときて、伊佐か。それが結構びっくり。

  • 豊臣が滅んだ戦が、「大坂夏の陣」だというのを初めて知った。
    七日   267p

全3件中 1 - 3件を表示

小前亮の作品

真田十勇士3 激闘、大坂の陣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真田十勇士3 激闘、大坂の陣を本棚に「積読」で登録しているひと

真田十勇士3 激闘、大坂の陣の作品紹介

大坂入城を果たした真田幸村は、十勇士とともに真田丸の建設をいそぐ。豊臣家の存亡をかけた最後の決戦の火ぶたが切って落とされる!

真田十勇士3 激闘、大坂の陣はこんな本です

ツイートする