理工系のコンピュータ基礎学

  • 17人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 稲垣耕作
  • コロナ社 (2006年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784339024135

理工系のコンピュータ基礎学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2006年の出版で現在は古い内容も含まれますが,コンピュータ科学の導入としては良い本です.ただし,「広く浅い」導入科目にしては難解な(深い)説明が含まれています.特に,数値解析のニュートン法やFFTのアルゴリズムの説明は,理系学部でも1年次での習得は手こずると思います(数学やプログラミング等の基礎的な関連科目を一通り学び終わる2年次ならほぼ理解できるはず).
    前書きで「題材を選べば文系の学生にも適用できる」とあります.ニュートン法はともかくFFTは難しいでしょう.「専門学校でも使ってもらえるよう情報処理技術者試験対策に特に配慮し自習可能な難易度」とありますが,2006年当時の基本情報技術者試験対策としては不十分です.具体的には,ネットワークとデータベース(特にSQL)はこの本より深い学習が必要です.現在のITパスポート試験対策であれば,情報化と経営の分野の学習が別途必要です.逆に,第9章の内容は試験にはほぼでません.FFTもまずでないでしょう.
    演習問題とその解説は丁寧ですが,理工系以外の自習用としては少し厳しいかもしれません.

    一部の数学的解釈が導入科目としてはやや難しいことと,「情報処理技術者試験へ特に配慮」という文言に対して実学的説明が不足しているため☆2つ減点です.ただし,個人的には,ニュートン法とFFTの数学的解釈以外の内容は理工系でなくても,情報化時代の素養としてマスターしたいところです.

全1件中 1 - 1件を表示

稲垣耕作の作品

ツイートする