知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築まで

  • 32人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • コロナ社 (1996年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784339076400

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 407||NA

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=94255

  • 請求記号: 407||N
    資料ID: 10201302
    配架場所: 工大一般図書 

  • 単なる論文の書き方の原則を述べた本ではなく、タイトルにあるように、それを知的に書く方法を説明している。

    ここで、この「知的な」文章という言葉は、単なる漠然と頭がよさそうということを意味しない。研究が世間に評価されるという具体的な成果を得るための徹底的な努力を行い得られた結果、それが知的な文章である。

    このため、通常の論文の書き方の本と異なり、この「知的な」文章を作るための工夫や努力がこれでもかと書かれている。

    例えば図の作り方であれば、単なる図の縦軸や横軸がどうとかのレベルではなく、線の太さや点の大きさが与える印象を実際に図で示し、どの作図法がどの場面で適切かを示したり、あるいは論文の書き方ではないが、査読論文での査読者からの照会文の文面の解釈、及びそれへの対処の仕方等が示されていたりする。

    こういった内容を読むと、理系っぽくないなーと一瞬感じてしまうが、しかし、自分の研究を独りよがりのものにせず、必ずしも自分の研究に興味を持たない人にもその意義を伝えるための努力をしていると考えれば、著者のその情熱はむげに否定するべきではないと感じる。

    この本で書かれている工夫をどこまで受け入れるかは読む人それぞれであると思うが、研究を単なる計算や実験で終わらせることなく、論文という成果にまとめて世に問うということを考えているのであれば、一度は読んで置いて損はないと思う。

    ただ、ちょっとだけ内容が古いのが玉にきずかな。OHPって今でも使われているのかな?

  • 自然図2F一般図書 407:N163

全4件中 1 - 4件を表示

中島利勝の作品

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までを本棚に登録しているひと

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までを本棚に「積読」で登録しているひと

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築までの作品紹介

本書は、大学、高専などの理工系学生と若い科学・技術術を対象に、初歩的な実験リポートと卒業論文の書き方から科学・技術報告書さらに本格的な学術論文の構築法までをわかりやすく解説したものである。科学・技術論文の執筆経験のない初心者のために、文章と図表の基本的な作成方法-平がな書きの規則や専門用語の表記法など文章作成の基本ルール、実験リポートと卒業論文の書き方と各章の執筆手順、ならびに図表の種類とその作成技術-を詳述した。また従来の解説書には紹介されていない知的な科学・技術文章の書き方を力説した。

知的な科学・技術文章の書き方―実験リポート作成から学術論文構築まではこんな本です

ツイートする