子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)

  • 31人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (2)
  • 3レビュー
制作 : ひまわりほーむ  谷口 純平 
  • 梧桐書院 (2008年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784340015009

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水周りのリフォームを検討中。
    子どものための家を考えたくて読んでみた。
    これからお家を建てる、または全面的にリフォームを予定している家族向き。
    イラスト沢山でわかりやすく読みやすい。
    そうだよね、いいよね、という理想のお家アイデアがたくさん。
    子どもを怒らないために専用片付けスペース(おもちゃ基地)を設けたり、外遊び用具置き場、自転車置き場、大容量の靴箱、いいよねー、とため息。
    最後まで読んでハウスメーカー「ひまわりほーむ」さんの本とようやく気がついた。なるほど。
    もう最初からは無理だけど少しでも理想に近づけるように工夫はしていこう。

  • うーん、言いたいことはわかるけども。ひまわりホームの回し者が書いてる感が否めない。200年持つ家を作るのはまぁ正解なのかもしれませんが、家庭によっては200年は絶対に必要なくて、無駄に丈夫なためにむしろ100年後にはおっかない家になってる可能性も。笑

    朽ちた柱から前の住人の手形が出てきたなんてことになるんじゃなかろうか。笑!

    一生住むつもりで買うんだろうし、一生住むつもりで建てるんだろうけど、今後の一生は何をもってして考えるのか、、、という底深い闇を垣間見てしまうような一冊。笑

    こどもこどもって、こどもがこどもでいて家にいるのは200年中20年くらいだよね、、、、とか。笑!!!

    なんかこどもの心が!こどもが!ってこどもも大事だけどさ、、他にももっとなんかこう大切な何かを見落としているような建築会社からの一辺倒な見解の一冊でした。

  • これ、いいね。
    間取りや家の中を考えるのに基準となる一冊。

    この本に記載していること全部実行するのは無理だろうけど、図書館やリビングスタディは備えたいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

大平一枝の作品

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)の作品紹介

子どもの力がどんどん伸びる家づくりと暮らし方のコツ、ママができるちょっとした工夫、忙しいパパもできるアイディアの数々をマンガ&イラストいっぱいの一冊にまとめました。これから家を建てる人にも、もう建てた人、建てる予定はないけれど、子ども部屋や家族暮らしの間取りに悩む人は必読!!自信を持ってオススメする1冊です!!

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)はこんな本です

子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた (夢を叶えちゃう絵本)のKindle版

ツイートする