象の鼻としっぽ

  • 115人登録
  • 3.55評価
    • (8)
    • (11)
    • (13)
    • (6)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 細谷功
  • 梧桐書院 (2010年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784340110094

象の鼻としっぽの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◎人はみな自分中心にしか考えられない
    「伝わっている」という幻想
    「象の鼻としっぽ」の構図で同じ象が人によって違って見えるということ

    ◎話すこと→主観
    ◎聞くこと→客観

    ◎「自分の言っていることに相手が十分な関心を持っている」というのが第一の誤解

    ◎自分が伝えたことはそのまま相手にも伝わっているという誤解を抱きがち

    ◎伝えたいことは伝わるまでにやせていく

    ◎伝えたことに対する相手の反応レベル
    うなずいている→「わかりました」と返事する→こちらの言ったことを繰り返せる→こちらの言った意図を別の言葉で表現できる→こちらの言った意図が行動で表現されている→変わった行動が習慣化されている

    ◎Bさん(optimist)はまず、Aさん(pessimist)の見ている世界を十分共有し、「いかに大変か」ということを理解してその上で「こういう良い面もある」という話に持っていく。「お互いに象の一部しか見ていないこと」の認識を共有することが、会話を成立させるためのスタートになるといえる。

    ◎バランス感覚があって、つねに「象の全体」を見ている人は、「こういう場合にはプラスだが、こういう場合にはマイナスになる。今回のケースではこれこれの理由でこちらがよさそうだ」というようなものの言い方をするものです。

    ◎全体像を見ないままにほんの一部のすばらしい(弱点の部分)ところをもって、全体の評価としてしまうのは逆の意味で危険なことともいえる。

    ◎人はみな都合のいい「部分」だけを見る。

    ◎「不公平」という言葉も勝手な解釈を生み出します。人はみな、自分が恩恵を被れない部分だけをもって「不公平」と考えているからです。

    ◎その道を極めた人ほど基本を忠実に守っている。むしろ中途半端にできる「凡人」ほど、「そんなこと当たり前だし、とっくにわかってるよ。それよりも具体的なノウハウを教えてよ」などと基本を軽視してテクニックに走りがちです。

  • ○「楽しいこと」と「楽しくないこと」があるのではなく、「楽しいと感じる人」と「楽しくないと感じる人」がいるだけ(217p)

    ○自分の見ている範囲、あるいは理解できる範囲について「本当に全体なのか」と疑ってみることです。(232p)

  • 原因は分かっても解決策がないとなー。

  • 英語ができなくとも(海外での)仕事はなんとかなる。と言っている人に是非この本を読んでいただきたい。日本語でもしっかりとコミュニケーションとれてますか?と。

  • コミュニケーションギャップなぜ生まれるのか?

    →1.人はみな自分中心にしか考えられない
    2.伝わっているという幻想
    3.フィルターの違いにより同じものが人によって違って見えている
    コミュニケーションの本質は、双方性のものであるということ
    全体像を描いてから、切り分ける
    成長の原動力は、枠つまり視野の大きさと自己認識力のギャップから生まれる

  • 話がいつも平行線で埒が明かないと思う人が読むと
    いかに自分のコミュニケーション力が稚拙だったかがよくわかる本
    分かりやすく読みやすい手元に置いときたい本だ

  • コミュニケーションGapのメカニズムがとても良く理解できる。
    研修のネタが盛りだくさんで、誰かに、伝えたくなる内容であった。
    大局的に会話を聞き取れるようになった気がする。
    さて、これを対策として実践できるかは、また別問題だな。

    memo
    P208
    相手をジャガイモと思え。
    自分がジャガイモになっていないか?

  • コミュニケーションの問題点
    自分の目線、枠組み、前提が相応のバイアスを含む、不完全なものであるということの自覚が必要

  • 内容情報
    [日販MARCより]

    話が伝わらない、かみあわない、理解できないなど、コミュニケーションのイライラをすっきり解消する思考のサイエンス。あまりに身近すぎて気付くことが難しい、コミュニケーションの心構えを学ぶことができる1冊。
    [BOOKデータベースより]

    話が伝わらない、かみあわない、理解できない。コミュニケーションのイライラをすっきり解消する思考のサイエンス。

    第1章 コミュニケーションギャップを生む「三つの原因」
    第2章 「お互いに一部分しか見ていない」ことによるギャップ
    第3章 「フィルターの枠の大きさが異なる」ことによるギャップ
    第4章 「フィルターの歪み」によるギャップ
    第5章 「象」は論理、「フィルター」は心理
    第6章 ギャップをつねに「認識」しておくために

  • コミュニケーションギャップの起こる原因をわかりやすく解説した本。人間はどうしようもなく自分中心である。。きちんと認識します。才能に恵まれなかったことは、努力するという人生最大の武器を神様から授かった、という言葉は良かった。

全22件中 1 - 10件を表示

細谷功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
内田 和成
チップ・ハース
チップ・ハース
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

象の鼻としっぽを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

象の鼻としっぽを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

象の鼻としっぽの作品紹介

伝わらない、通じない、理解してもらえない! そのギャップのメカニズムを徹底サイエンス。 上司と部下、経営者と従業員、本社と現場、同僚、取引先、親と子、男と女。あらゆるコミュニケーションのギャップをわかりやすいピクトグラムで解き明かします。

ツイートする