一番確実なのは不動産投資だった!

  • 42人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 萩原知章
  • ごま書房新社 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784341084684

一番確実なのは不動産投資だった!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不動産投資家の視点を分かりやすく書いてあり、とても参考になりました。
    これから不動産投資を始められる方にとっても、スタートダッシュに良い内容になっていると思います。

  •  これもまた業界の有名人による一冊。なんか,ブームよ再びという出版社の意図が見える。中身はまぁ,ふつう,まっとう。今はマーケットもファイナンスもこういうテンションなんでしょうね。

  • ・スターバックス成功物語(日経BP社)
    ・破天荒!サウスウエスト航空 驚愕の経営(日経BP社)
    ・すべては一杯ののコーヒーから(松田公太)
    ・不動産賃貸業は「空間を貸すサービス業」
    ・興味のないビジネスでは成功できない。
    ・ビジネスで成功する人の共通点は「知識と資金と人脈を蓄えつつ、チャンスが来たら迷わず突入する」
    ・日常生活すべてがマーケティングになる。
    ・不動産投資は国や地方自治体の方針に大きな影響を受ける。
    ・成功者と呼ばれる大家はお金の計算に非常にシビア。
    ・成功する大家の特徴
    →不動産が大好きな人
    →自分で責任をとれる人
    →「自分でできること」と「任せるべきこと」を正しく判断できる人
    →勉強熱心である人
    →本業にも全力投球している人
    →かかわる人に配慮できる人
    ・不動産投資黄金の4ステップ
    →専門分野を伸ばす(自己投資1)
    →ビジネススキルへ投資する(自己投資2)
    →金融資産・不動産へ投資する(成功者は1&2のステップをきっちり踏んでいる)
    →人脈へ投資する(成功者は必ず横のつながりを持っている)
    ・成功している投資家は必ず本をたくさん読んでいる。
    ・修繕費の目安
    →木造アパートは毎年建物価格の1%(10~15年で外壁と屋根の修理)
    →RC物件は2%(屋上の防水、EVや給排水設備に千万単位でかかる)
    ・成功者となるには、不動産投資が好きであることと、ものすごく欲が強い人。

  • いわゆる投資ハウツーものでは無く、もっと根本的な不動産投資に対する哲学のような物が書かれてます。
    自身の体験や知識から裏付けられた幅広い視野と見識が素晴らしい。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

一番確実なのは不動産投資だった!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一番確実なのは不動産投資だった!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一番確実なのは不動産投資だった!を本棚に「積読」で登録しているひと

一番確実なのは不動産投資だった!はこんな本です

ツイートする