共稼ぎ夫婦が「いちばんしあわせ」になる家の買い方―賃貸か持ち家か、都心か郊外か?「家の本質」で考える理想のマイホーム

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中村友春
制作 : 白岩 貢 
  • ごま書房新社 (2012年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784341085032

共稼ぎ夫婦が「いちばんしあわせ」になる家の買い方―賃貸か持ち家か、都心か郊外か?「家の本質」で考える理想のマイホームの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 土地と建物の総費用がかなり高い例のため参考にならない人も多いと思われるが、伝えたい内容はすっと理解できる内容で読み進めやすい

  • 白岩先生は、以前から知っていたのですが、そこを出身とされる中村さんの本です。

    白岩先生の提唱される城南地区への投資で、賃貸併用自宅をたてられた体験談をかかれています。

    城南地区にスポットをあてていた白岩先生のいっていることがやっとわかるようになってきました。

    賃貸併用自宅であれば、ローンの負担も少ないし、また通勤時間も城南地区にあれば短くなりトータルでみると得をするのですね。

    私も城南地区への投資はしてみたいのですが、ノウハウがないので困っています。白岩先生に仰ぐしかないのかな?

全2件中 1 - 2件を表示

中村友春の作品

共稼ぎ夫婦が「いちばんしあわせ」になる家の買い方―賃貸か持ち家か、都心か郊外か?「家の本質」で考える理想のマイホームを本棚に「読みたい」で登録しているひと

共稼ぎ夫婦が「いちばんしあわせ」になる家の買い方―賃貸か持ち家か、都心か郊外か?「家の本質」で考える理想のマイホームを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする